238 posts categorized "日記・コラム・つぶやき"

December 25, 2008

初リボルテック

海洋堂の「リボルテックダンボー・ミニ Amazon.co.jp ボックスバージョン」
 
 
 
Okane
 
私はお金で動く
 
 
 
 
 
 

 
 
 

| | TrackBack (0)

October 03, 2008

噂の三行半

アチコチから聞いていたAmazonクレジットカードのサービス終了案内のメールがやってきた。
 
 
 
上限額も高くて、ETCも使えて、ポイント還元もシッカリしていたので、アマゾン以外でもハードに使うくらい好きだったんだけどなぁ。
 
 
 
...さて、次は どのカードに乗り換えようか。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 10, 2008

視力回復手術

目が悪くて、かれこれ20年以上 メガネやらコンタクトレンズやらの世話になっていた自分。
 
 
 
 
 
 
このたび
 
 
 
レーシックで裸眼生活に突入!
 
 
 
ひゃっほう!
 
 
 
 
 
 
いやー、素晴らしいね!
 
 
 
手術前 0.05だった視力は、1.2に回復。
 
 
 
これで、バイクに乗るのも、レッズ戦観戦も、チャリンコで走るのも、ジョギングするのも、デジイチで撮影するのも、全てが一気に楽になったダス。
 
 
 
 
 
 
神奈川クリニックの「コンチェルトスーパーイントラレーシックってヤツをやってみたんだけど、文字通り あっという間。
 
 

もっと、早くやっておけばよかった...。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、Intra LASIK...オススメ!
 
 
 

| | TrackBack (4)

July 29, 2008

Amazonの「LAWSON コンビニ受取サービス」

以前のエントリー「Amazonの新サービス」
 
 
 
すぐ使う!
 
 
 
と断言した「コンビニ受取サービス」
 
 
 
 
 
 
 
...で、すぐ使ってみた。
 
 
 
 
 
 
結論。
 
 
 
これは、自宅滞在時間の短い独り暮らしの人(かつ、家の近くor通勤ルートにローソンがある人)にとってカナリ便利!
 
 
 
 
 
 
今まで自分がAmazonの荷物を受け取るには...
 
 
 
1)荷物届く→不在
  
2)配達のあった日の夜に「不在連絡票」を受け取る
 
3)次の日に電話をして、日通の営業所留めにする
 
4)営業所の営業時間内に取りに行ける日に取りに行く

 
 
 
と、こんなカンジ。
 
 
 
 
 
 
「コンビニ受け取り」では...
 
 
 
1)荷物がコンビニに向かう→コンビニに届く前に、受取可能メールが届く
 メールに書いてある「お問い合わせ番号」と「認証番号」をメモる
 
2)その日のうちに、帰り道のローソンに寄って受け取る

 
 
 
手間も軽減されるし 時間も短縮されるし、いいことづくし。
 
 
 
 
 
 
こりゃ、デフォルトですな。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

July 25, 2008

気になる湖の名称

イリノイ州のLake Tokorozawa(所沢湖)。
 
 
 
ディケーター市と所沢市が姉妹都市ってのが由来らしいけど...
 
 
 
Fon Mapsで いきなりココが出てきたら、驚くっつーの
 
 
 

| | TrackBack (0)

July 24, 2008

Amazonの新サービス

アマゾンでLAWSON コンビニ受取サービスが始まった。
 
 
 
コレ使うよ。
 
 
 
すぐ使う!
 
 
 
 
 
 
朝7時〜夜9時までが標準的(?)な勤務時間で土日も労働(もしくは遊びに出ているので家にいないw)という立場の自分としては、家で受け取ることは全く持って不可能。
 
 
 
今まで職場近くの日通の配送センターに取りに行ってたのだが、そこも夜9時までの営業。
 
 
 
仕事がちょっと忙しくなると、荷物の受け取りにも気を使っていたのだけど、これで解決。
 
 
 
今の赴任先は 帰り道にローソンもあるし。
 
「農村にローソン」とは よく言ったもんだな。
 
 
 
これで、24時間受け取り可能!
 
 
 
 
 
 
 
 
でも どうせなら、もう一歩踏み込んで欲しかったのぅ。
 
 
 
再配達の減少などで配達の手間が少しでも減るのなら、それをAmazonポイントでユーザーに還元するとか。
 
 
 
あと、どうせならマーケットプレイスも対象にして欲しかったけど...まぁ、それはいいや。
 
 
 
 
 
 
 
 
地味だけど重要なポイントとして
 
 
 
>認証キーと受取人の身分証明書(免許証や保険証)があれば、注文者以外の方でも商品をお受け取りいただけます
 
 
 
ほうほう。
 
 
 
あんな使い道や、こんな使い方が思いつきますなw
 
 
 
とりあえず使ってみるか。
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 09, 2008

さらにAmazonクレジットカードを使いつぶす

アマゾンクレジットカードのその後などで書いているように、Amazon使いにとって欠かせないカードだが、さらに使い倒す方法。
 
 
 
ETCカードである。
 
 
 
 
 
 
当たり前だが、ETCカードも年会費無料
 
 
 
もちろん、オンラインで申し込めるし、即発行される。
 
 
 
ここまでは「なにを今さら」...と思うかも知れない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大事なのはこのあと。
 
 
 
Amazonクレジットカードの会員がオンラインでETCカードを申し込むと、上位の「シティETCカード」としてではなく「Amazonクレジットカード付帯のETCカード」として発行されるのである。
 
(カードのデザインは「シティETCカード」として発行されるので、見た目では区別がつかない)
 
 
 
つまり、他の「Amazon以外での買い物」と同様に、ETC料金の1%が Amazonギフト券として還元されるのである。
 
 
 
これは、Amazon使いとしては見逃せないポイント。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん、ETCマイレージとの組み合わせも忘れずに!
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

September 07, 2007

そこにシビれる! あこがれるゥ!

人気漫画、米科学誌表紙に=日本人研究者論文、イメージ化−「ジョジョ」荒木さん【時事ドットコム】
 
 
 
ドォォォォォォォォォン!!!
 
 
 
とうとう、荒木飛呂彦伯が世界を制覇する日がやってきたッッッッッッ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、我がスピードワゴン財団は、その画像を入手したッ!!!
 
 
 
(...といっても、そのCellのHPに公開されているんだけど)
 
 
 
Cell1305lrg
 
 
 
...も、
 
 
 
燃えつきるほどヒート!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の瀬藤光利准教授らは、人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)の解析と、遺伝子組み換えマウスを使った実験でこのたんぱく質を発見。神経伝達に直接かかわる他のたんぱく質を分解することから、壊し屋を意味する「スクラッパー」と名付けた。
 荒木さんの作品のファンだった瀬藤准教授は、つてをたどって論文内容のイメージ化を依頼。荒木さんはこれを受け、作中で「スタンド」と呼ばれる超能力を擬人化したキャラクターにスクラッパーをなぞらえ、標的となるたんぱく質を破壊する様子を描いた。

 
 
 

| | TrackBack (1)

August 10, 2007

バイクでキャンプでフジロック! (装備備忘録)

「FUJI ROCK FESTIVAL '07」にキャンプツーがてら参戦してきた。
 
 
 
7/27(金)~29(日)の開催期間を挟んで4泊5日し、その後、能登半島一周・飛騨方面と旅を続けて、合計7泊8日のキャンプツーリング。
 
 
 
楽しかった〜。 
 
 
 
 
 
 
はじめてキャンプで夏フェスに参加した自分用に、装備の備忘録をば。
 
 
 
 
 
  
【フジロック&ツーリング必需品】
 
・チケット
 コレがないと始まらない
 
・運転免許
 いえーい!ゴールドになった〜!...やっと...w
 
・現金
 何だかんだで8日間で5万くらい使ったかな(チケ代、高速代など除く)
 会場でお目当てのグッズやお土産があるなら+α。
 
 
 
【一般的な装備】
 
・携帯電話、充電器
 天気予報のチェックに。
 
・腕時計
 天候が悪くなることがあるので、携帯電話で時間を確認するより 防水の腕時計の方が気を使わなくていいと思う。
 
・コンパクトデジカメ
 旅の思い出に。
 フラッシュをたかない方がいい場面が多いので、フラッシュはOFFにして、ISO高感度設定にしておくとGOOD。
 当たり前だけど、アーティストは撮っちゃダメ。
 
・着替え
 ドライTシャツ系はかさばらなくて便利。
 晴れた昼はかなり暑く、雨の夜はかなり冷えるので重ね着対応。
 
・帽子
 日焼け帽子に。直射日光で体力を奪われると、夜のステージが楽しめない。
 ちょっとした雨の時も便利。
 
・メッシュシューズ
 サンダル代わり。天気がいいときは会場にもこれでいく。濡れても乾きが早い。
 
・長靴
 しっかりと雨が降っているときの相棒。
 バイクだとかさばるモノは避けたいので、日本野鳥の会 バードウォッチング長靴を選択。
 こいつはクルクルッと巻けるので、収納サイズが小さくなるのがポイント。
 畳むと普通のシューズと同じくらいのサイズになる。
 また、雨が降っていないときにはふくらはぎの部分を巻いて短くできるので、蒸れを軽減できる。
 安いのも魅力。
 
・レインウエア
 場内は傘をさせないので、雨の時は必須。
 自分はバイク用のを持っているので安心!とタカをくくっていたのだが、バイク用は一般的にフードが付いていないので注意。
 
・タオル、ポケットティッシュ
 
・日焼け止めクリーム
 若い頃は焼けても何ともなかったんだけどねぇ。
 今は焼けただけで疲れるよ...w
 
・防虫薬
 虫に刺されやすい人、草むらに寝る人は必需品。
 缶は会場に持ち込めないので、スプレータイプは注意(キャンプサイトはok)
 蚊よりブヨが多いので、ブヨに効くヤツがいい。
 
・携帯ライト
 マグライトなど防水のモノがいい。
 夜になるとキャンプサイトはもちろん、会場内でも結構暗いところが多い。
 ポケットに入れているうちに、いつの間にかスイッチがオンになってしまうような構造のモノは×。
 
・リュック(ポーチ類)
 会場移動用の小さなもの。
 雨具、タオルなどを入れておく。
 
・サングラス
 目が弱いのでw
 
 
 
【キャンプ用装備】

・テント
 シュラフだけで寝ている猛者も見かけるけど、標高が高いので気温差も激しく、夜露もしっかりとおりるので小さくてもいいので持って行こう。
 あたりまえだけど、事前に組み立ての練習をしておくこと。
 自分の両隣は 箱を開封するところからスタートしていて組み立てられず、結局手伝ったw
 昼で、明るくて、風が無くて、雨が降っていなくて、平らなサイトで、人数がいれば練習なしでも説明書を見ながら組み立てられるだろうけど、自然は人間に厳しいモノなのよ。
 あと、防水スプレーは事前にね。
 隣に迷惑だし、雨が降っていたらスプレーできないし。
 タープは使用禁止なので、日よけが欲しい人は前室が大きなモノを。
 オイラのテントはポールが限界。
 ゴムが伸びきった。これって、修理できるのかなぁ。
 
・シュラフ(寝袋)
 夏用で十分。
 バイクの場合、収納時にコンパクトになるのが重要。
 寒がりの人は、コンパクトなシュラフカバーを1つ持って行けば便利。
 オイラのダウンシュラフはそろそろ限界。
 来シーズンは買い換えだ。
 
・ロールマット類
 自分は銀マット派。安いし。
 エアマットも種類豊富なので、選びがいがある。
 背の高い人は長いものを。
 コンパクトなテントの場合は、事前にカットしておくと便利。
 
・折り畳みいす
 テント前でちょっと腰掛けるときに。
 まったりとフジロックを楽しみたい場合は、会場に持ち込みも可能。

・南京錠
 テントでの盗難防止に。
 気休め。
 フジロックのためだけの装備で、ほかでは使ったことない。
 
・洗面用具
 最低限のものにおさえておく。
 自分の場合は歯ブラシ+α。
 液体のものは、ナルゲンのボトルなどに小分けしておくと、かさばらなくて便利。
  
 自分は洗顔兼用のボディーソープや、コンタクトレンズの保存液などを入れるのに活用。
 安くていいね。
 
・ペットボトル
 現地で調達可能。
 500mlサイズに水を入れておけば、夜ノドが乾いたときはもちろん、朝の歯磨き渋滞にも巻き込まれない。
 
・ガスストーブ、カートリッジ
 フジロックのサイトは火気禁止だけど、その後のキャンプ用に。
 カートリッジは小型のもの(110タイプ)が積載に便利。

・ラジオ
 ライト付きで携帯の充電もできるヤツ。
  
 AM/FMラジオが使えて、スポット/ソフトライトが付いていて、携帯電話も充電可能。
 そして全機能が、手回しでも乾電池(単4)でも使える。
 しかも防滴。
 これを持って行ったので、今回はランタンを持って行かなかった。
 
・カップ、先割れスプーン
 チタンの軽いヤツ。
 
・コッヘルセット
 お湯を沸かすのと、現地食材をちょっと調理する時のために。

・ウィンドブレーカー上下
 寝る時&ちょっと寒かったときの重ね着用。
 
・ポケットティッシュ
 何かと使う。
 
・トイレットペーパー
 事前に芯を抜いて潰しておく。
 何かと役に立つ。
 
・ウェットティッシュ
 全身拭ける大判タイプ。
 スッキリリフレッシュ。

・ビニール袋大小
 ゴミ袋になったり、防水グッズになったり。

・布テープ
 ガムテープの丈夫なヤツ。
 丸ごと持って行くのではなく、2mくらい引き出して巻いて持って行く。
 トラブル時に何かと使える。

・耳栓
 キャンプの必需品。
 静かなサイトなら不要だけど、響いてくるステージの音の中でサクッと寝るのに便利。
 こまめな睡眠が、体力回復のカギ...w

・メガネ
 コンタクトしていない時用。

・薬など
 風邪薬、胃薬、絆創膏、目薬、トゲ抜き...程度
 サロンパスなどの小さな湿布を持って行くと、体力回復に有効(...オッサン)

・折り畳み傘
 フジロック会場内は傘禁止だけど、キャンプサイトはok。
 その後のキャンプツーリング用にも。
 サイトでの日よけにもなる。
 
・洗濯ばさみ
 4,5個くらいあると何かと使える。
 タオルを干したり、テント内でものをぶら下げたり。
 
・耳かき
 いい音を聞くために(^^;
 
・万能ナイフ
 ビクトリノックスを使用。
  
 ハサミで爪も切れると書いてあるけど、失敗しそうなので試したことないっス。
 
 
 
 
 
 
【バイク用】
 
・タンクバッグ
 地図とすぐに使いたいモノを入れるために。
 
・地図
 今回は新発売の「ツーリングマップルR」を持参。
   
 サイズがでかくてタンクバッグに上手く入らなかったよw
 表紙と裏表紙を1cmずつカットして解決。
 
・ペン
 メモ用。
 ツーリングマップルRは、撥水性の紙でできているので、シャーペンやジェルインクタイプだと書けない
 
・テンションロープ、ネット
 積載用。
 テント内に引っかけても役立つ。
 
・クレジットカード
 高速道の料金払い用。
 ETC欲しいなぁ。
 
 
 
【趣味の品】
 
・デジタル一眼レフ
 PENTAX K10D。
 防塵防滴のアウトドア向きなヤツ。
 画像はコチラなど。
 
・予備バッテリー、予備SDカード
 
・smc PENTAX DA 21mm F3.2 AL Limited
 薄くて軽いので常用レンズとして使用。
 会場スナップなどに。
 
・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
 ツーリング中はこちらのレンズを常用。
 大自然を撮るのに最適な超広角。
 
・Kenko WPCワイドサーキュラーPL Φ77
 10-20mmとの組み合わせで使用。
 10-20mmは花形フードが浅いので、フードを付けたままフィルターを回転させるのも楽。
 
・レンズクロス
 
・カメラバッグ
 Loweproオフトレイル2。
 ツーリング用カメラバッグとして秀逸。
 付属のレンズケースは交換して使用。
 
 
デジイチ関連のキャンプツーリング装備については、コチラのエントリもどうぞ。
 
 
 
【持って行けばよかったもの】

・爪切り
 耳かきは持って行ったのに忘れた。
 いっつも忘れるんだよなぁ。
 
・K10D用バッテリーグリップ
 重さと かさばるのを嫌って持って行かなかったが、オフトレイル2がかなり優秀で全然疲れなかったので、持って行けばよかった。
 
・三脚
 せっかく軽量コンパクトな三脚(Velbon El Carmagne 443II)を購入したのだから、ちょっとぐらい無理しても持って行けばよかった。
 積載方法はちょっと悩むところだけど。
 
 
 
【持って行かなかったもの】
 
・ハンマー
 ペグを打つのに必須とかいうけど、15年以上使っていない。
 最近のサイトは柔らかいので、靴底で踏めばペグはささる。
 気をつけないと折れ曲がるけどw
 
・ランタン
 1〜2人のキャンプならいらないと思う。
 北海道ツーリングなら暖房代わりになるけど(もちろん、閉め切ったテント内で使っちゃダメ)
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなカンジ。
 
 
 

| | TrackBack (0)

July 12, 2007

不埒な脳みそ

Furachi


by 脳内メーカー
 
 
 
 
 
 
典型的な犯罪者の脳ダス。
 
 
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧