4 posts categorized "書籍・雑誌"

September 14, 2008

こちらクリスマス。B5。フロリダが雨

「スカイ・クロラ」シリーズを読み終わった。
 
 
 
刊行順に読んでみたけど、正解だったみたい。
 
 
 
 
 
 
「スカイ・クロラ」で緻密に構築された世界感が
 
「ナ・バ・テア」で一気に解き放たれて、
 
「ダウン・ツ・ヘヴン」ではふわりと失速。
 
それは「フラッタ・リンツ・ライフ」で美しいロールを描き、
 
「クレィドゥ・ザ・スカイ」によって、一瞬 視界から消える。
 
しかし、ごく自然に「スカイ・クロラ」へと再び繋がる。
 
 
 
 
 
 
...「スカイ・イクリプス」は、とりあえず置いといて...w
 
 
 
 
 
 
 
印象に残ったのは、そんなに重要な役回りじゃないんだけど ヒガサワ(×2)かな。
 
 
 

 

| | TrackBack (0)

September 28, 2006

Amazonだらけ

以前の投稿で、アフタヌーンの入手方法で悩んでいたのだけど、あっさり解決。
 
 
 
俺のライフラインAmazonであっさり扱っていたダス。
 
 
 
あれ?前に検索したときにはヒットしなかったような...気のせい?
 
 
 
そんなわけで早速ポチ。
 
 
 

 
 
 
ちなみに、Amazonは書籍・CD類なら海外発送もOK。
 
 
 
上記の商品を、Amazonで台湾まで届けてもらう場合、
 
 
 
国際エクスプレス便(航空便:台湾だと注文してから3日程度で到着!)で送料2,200円
 
 
 
国際エコノミー便(船便:いつ着くかイマイチ分からない)で1,300円。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ここ最近の注文品(まだ届いていないもの)
 
 
 
     
 
 
 
特に、台湾関連の書籍は当たりが多い。
 
 
 
統治とは?植民地とは?占領とは?
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 07, 2006

自由に至る旅

いろんな人に薦められるので読んでみた。
 
 
 

 
 
 
ロングツーリングに行こうと思っているがツーリング歴の浅い人、漠然と旅に憧れている人にはいいかもしれない。
 
 
 
サブタイトルに「オートバイの魅力・野宿の愉しみ」とあるが、バイクだけでなく、クルマや電車での旅をする人、また、野宿ではなくても長旅をしようとしている初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
旅がテーマなので、必然的に北海道も多く取り上げられている。よって、北海道初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いてあることは大したことじゃないけど、最近旅に出られていない人にとっては、旅に対するモチベーションを思い出すためにいいかもしれない。
 
 
 
例えば俺。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わざわざ「書いてあることは大したことじゃないけど」と書いたのは、ロングツーリングをするライダーや、バックパッカーにしてみれば極々当たり前のことが羅列されているから。
 
 
 
キャンプ場で強者を10人くらい集めれば、この本に書かれていることは集められる気がする。
 
 
 
だけど、貴重なのはこれを1人の経験としてまとめたこと。
 
 
 
それによって、一つ一つの出来事が1本の串に刺され、全体として1人の人間を生み出すための背景となっている。
 
 
 
ところどころ、ただの酔っぱらいの戯言が含まれているが、それはそれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「無目的。あるいは無意味。これが旅の真骨頂」のくだりに、大きく頷く。
 
 
 
目的を作った時点で、旅は旅でなくなる。
 
 
 
目的という名のノルマをこなすために、股下の内燃機関を爆発させ、必至に距離を稼ぐのを 旅とは言わない。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
「もういいじゃないか。オマエは十分に頑張った。」
 
 
 
...ああ、旅にいきたい。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

February 08, 2006

知らずに走る喜び

なかなか良い本に出会った。
 
 
 

 
 
 
ページをめくると、
 
 
 
「写真で見ても、自分で走ったときの感動が伝わってこないな」
 
 
 
と勝ち誇りながら見る景色もあり、
 
 
 
「走っているときは大して面白いと思わなかった道だけど、このアングルから見ると凄いな」
 
 
 
と負けを認める景色もあり。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
どちらにしても、
 
 
 
本を見て走りに行ったわけではない自分が、ちょっと誇らしげだったりするわけで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あぁ。走りてぇな。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)