« July 2007 | Main | September 2007 »

12 posts from August 2007

August 29, 2007

神戸戦 雑感

テレビ観戦すらできなかったけど...
 
 
 
1
 
 
 
細貝 大活躍だなぁ...w
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 27, 2007

iPod用 FMトランスミッター

以前、第3世代のiPodを使っていたときにもFMトランスミッターを使っていたが、現行モデルに対応していないので購入。
 
Ipod_cup400
 
DIASONICのiPod 用カップホルダーFM トランスミッター (ブラック)
 
 
 
この1品で
 
「FMトランスミッター」
「シガーソケット電源のiPodへの充電」
「カップホルダーを使ったiPodの固定」

 
の全てができるのが嬉しい。
 
 
 
 
 
 
まず、トランスミッターとしては0.1MHzごとにチューニングができるのは当たり前として、5つまで周波数を記憶させておくことができるのが便利。

 
 
FMトランスミッターの音質劣化の主要因の1つとして、混線によるノイズが挙げられる。

ドライブをしていると、まわりの車のトランスミッターや 地域のコミュニティFMが近い周波数を使っていて音質が低下することがある。
 
そういう場合でも、素早くチャンネルを変えて利用できるの嬉しい。
 
 
 
 
 
 
電源については、車のキーのオン・オフに対応しているのが使いやすい。
 
キーをオンにすると自動的にiPodの電源が入るだけでなく、再生も開始してくれる
 
もちろん、キーをオフにするとiPodの電源も切れる。
 
 
 
 
 
 
固定は、どんな車にでも付いているカップホルダーを利用できるのがイイ。
 
大きい穴のホルダーの場合でも利用できるように、アタッチメントが同梱されている。
 
 
 
このトランスミッターには再生・ストップ、早送り、巻き戻しができるボタンが付いている。
 
「iPodを操作するんだから使わないのでは?」と思ったが、これが便利。
 
iPod本体を操作する場合は iPodを手で包み込むようにして持たないと上手く操作できないが、トランスミッターのボタンはポチッと押すだけなので、運転を妨げられることがない。
 
 
 
 
 
 
音量はiPod本体の設定に寄らず、受信側で行う。
 
「ヘッドホンを使ってiPodを大音量で聞いていたあとに 車で使って、いきなり大音量になってしまう」というようなことはない。
 
 
 
 
 
 
差し込み口用の変換パーツが同梱されており、Dockアダプターを装備しているiPodなら、どれでも使えるのも大変便利
 
nano(2nd,4GB)とiPod5.5G(80GB)を持っているが、どちらでも使えるので重宝している。
 
 
 
 
 
 
 
最近のMacユーザーなら持っている人が多いリモコン、「Apple Remote」に対応しているのも面白いと思う。
 
カップホルダーの位置によって「ちょっと操作しづらい」という場合は、このリモコンで操作できる。
 
 
 
 
 
 
 
 
これだけ、至れり尽くせりなのに、価格が控えめなのも素晴らしい。
 
 
 
ちなみに、Amazonでは白モデルの方が何故か安い
 
以前、白いカップホルダー用の製品を使っていたのだが、汚れるのが早かったので、今回は黒ということで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 26, 2007

レンズ&CCDメンテナンス

ペンタックス純正の イメージセンサークリーニングキットO-ICK1
 
 
 
他メーカーユーザーも含めて、デジイチ使いに評判のアイテムだが、ペンタックスフォーラムで流れていたビデオを見て、新しい使い方を教わった。
 
 
 
CCDだけでなく、レンズやフィルターやファインダー、フォーカシングスクリーンのメンテにもイイらしい
 
 
 
そりゃそうだ。
 
 
 
考えてみれば当たり前なんだけど、今まで気がつかなかった(馬鹿?)
 
 
 
 
 
 
さっそく、ブロアでは飛ばないようなホコリを取るのに使ってみる。
 
 
 
気になるところをぺったんぺったん。
 
 
 
Mentekit
 
 
 
なるほど、こりゃ楽だ。
 
 
 
いいこと教わっちゃったなー。
 
 
 
 
 
 
使い方も付属の取説に丁寧に書かれているので、楽にメンテしたい方はどうぞ。
 
 
 

 
 
 

| | TrackBack (0)

August 19, 2007

PENTAX K10D 三冠

デジタル一眼レフカメラ 『 PENTAX K10D 』 が欧州のカメラ賞 “ EISA ヨーロピアン カメラ オブ ザ イヤー 2007-2008 ” を受賞 【ペンタックス プレスリリース
 
 
 
これで、「TIPA ベスト・エキスパート・デジタル一眼レフカメラ2007」と「カメラグランプリ2007」と合わせて、日欧主要3賞を制覇ダス。
 
 
 
3賞とも自分が購入したあとの受賞だったので、間違いなく俺のお陰(違う)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2冠のときには、記念の「グランプリパッケージ」が出たけど、今回は何かあるかな?
 
 
 
希望はコレ↓
 
 
 
Pen_02
アサヒペンタックス50周年モデル」(コンセプトモデル)
 
 
 
これを、ASAHI PENTAX K10APとして、smc TAKUMAR-DA×3種(21mm、40mm、70mm)とセットにして、「V3パッケージ」として台数限定発売ってのはどう? 
 
 
 
30万くらいで。
 
 
 
ダメっすか。そうですか。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 18, 2007

Nike限定ヘッドホンのその後

昨年12月に「NIKE 限定ヘッドホン インプレ」で取り上げた Nike Duro Behind-the-head Headphones (Apple Store 限定販売)のその後の話。
 
 
 
 
 
 
相変わらず使用感は良くって、短い時間(30分以内)のジョギングの時はほとんど使っていたダス。
 
 
 
自分の場合、それ以上の時間使っていると耳にかかっている重さが気になりはじめるので、長時間は知るときはフツーのインイヤー型を使うことが多い。
 
 
 
 
 
 
また、雨に打たれるとダメージが大きそうなので、天気が悪くなりそうな時は使わないようにしていた。
 
 
 
 
 
 
普段はそんなにマジマジと眺めることは無かったのだが、先日ふと見てみてビックリ。
 
 
 
Nikehead01
 
 
 
...ん?分からない?
 
 
 
イヤーパッドの外周部をグルリと巻いている銀色の部分をよく見て。
 
 
 
Nikehead02
 
 
 
何じゃ、こりゃぁぁぁぁっ!
 
 
 
な、なんか...青緑色の腐食がッ!
 
 
 
よく見てみると、全周に生じているのではなく、装着したときに下向きになる部分がやられている。
 
 
 
しかもこの部分の材質は樹脂なので、ケーシングではなく内部が原因のようだ。
 
 
 
 
 
 
想像するに...
 
 
 
→ワークアウト時に汗がイヤーパッドの中に入り込み、中の金属がサビた
 
→サビを含んだ水分がイヤーパッド下部に垂れてくる
 
→乾いてサビが樹脂の上に残る
 
 
 
こんな感じではないだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
青緑色ってコトは銅系の析出かしらん?
 
 
 
...いや、そんなことはどうでもいいw
 
 
 
 
 
 
問題は、スポーツ用の用品として売られているヘッドホンの、この ひ弱さだ。
 
 
 
8ヶ月も使えばそうなるだろ、という話もあるかもしれないが、チト弱いんじゃないのかー?
 
 
 
 
 
 
 
アップルストアに持って行ってみようかなぁ。
 
 
 
小物だと思って、保証書どっかにやっちゃったような...。
 
 
 
今度の帰国で探してみようっと。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 17, 2007

K10D 必須アクセサリー

K10Dのアクセサリー類の中で、一番オススメできる物は何だろうか。
 
 
 
それは、拡大アイカップでも、バッテリーグリップでもなく、分割フォーカシングスクリーンだと思う。
 
 
 
Fafucll80
分割フォーカシングスクリーン「AF分割マットLL-80(分割)」
 
 
 
まず、水平垂直それぞれ3本ずつ入った分割線によって、水平出しが容易になる。
 
 
 
そして、分割線が構図決定のアシストをしてくれる。
 
 
 
自分のような初級者にはこれがありがたい。
 
 
 
 
 
 
さらに腕を上げれば「分割線なんて邪魔なだけ」と言えるのだが、とりあえずは定番の構図をマスターしてからでもいいのではないだろうか。
 
 
 
というわけで、全ての初級者にオススメ
 
 
 

 

 
 
 

| | TrackBack (0)

August 13, 2007

Nike+iPod アームバンド買い換え

Nike+iPodを使ったワークアウトの際に使っているのが、Marwareのアームバンド。
 
 
 
Marware
 
 
 
日本でNike+iPodのサービスが始まった頃はアームバンドの選択肢も少なくて、レシーバーを付けた状態で収納できて、窓が付いているものというと、これくらいしかなかったんダス。
 
 
 

 
 
 
9ヶ月ほど使って、ボロボロになってきた〜。
 
 
 
特に、nanoを出し入れするスリットの部分。
 
 
 
ほつれてきたよ。
 
 
 
過去に、ベルクロ部分を縫い直したりして使ってきたんだけど、だんだん限界に近づいてきたみたい。
 
 
 
結構しょっちゅう洗濯していたしねぇ(ちゃんと洗濯ネットに入れていたんだけどねぇw)
 
 
 

 
 
 
  
 
 
 
で、次の一品を選んでみた。
 
 
 
もちろん、前と同じじゃつまらない。
 
 
 
今度はナイキ純正で。
 
 
 
Redholder
 
 
 
「Nike + Sport Armband」(Apple Store 限定販売)
 
 
 
色はもちろんレッド!
 
 
 
...ちょっと高いな...これw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日、新iMacと共に出荷されたというメールが来た。
 
 
 
...けど、例によって手元に来るのは、一時帰国をする数週間後。
 
 
 
うーん、楽しみ。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 12, 2007

田中さんの言うとおり -柏戦雑感-

田中マルクス闘莉王選手(浦和)

「タツ(田中達)1トップは良くない。タツはちょこちょこ動いて局面を打開するタイプだから。
あそこ(1トップ)には基点になれる選手が必要。」

浦和 vs 柏:試合終了後の各選手コメント 【J's GOAL】
 
 
 
 
 
 
え〜っと...埼玉県青少年保護条例によれば、「監督批判は2試合の出場停止」...でしたっけ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはさておき。
 
 
 
次の試合も同じこと繰り返したらあかんでぇ〜>オジェック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
...でも、勝てる気配が全くしな...ごほっ、ごほっ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次は、何か今までになかった意外性がキーポイントになるのではないだろうか?
 
 
 
啓太のシュートが枠に飛ぶとか、内舘の無回転ミドルとか、山田がやる気を出すとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな中、大きい方の田中さんが言いたいのは
 
 
 
「ワシが帰ってくるまで、ダブル田中のツートップで良くね?
 
 
 
ってことよ。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 10, 2007

バイクでキャンプでフジロック! (装備備忘録)

「FUJI ROCK FESTIVAL '07」にキャンプツーがてら参戦してきた。
 
 
 
7/27(金)~29(日)の開催期間を挟んで4泊5日し、その後、能登半島一周・飛騨方面と旅を続けて、合計7泊8日のキャンプツーリング。
 
 
 
楽しかった〜。 
 
 
 
 
 
 
はじめてキャンプで夏フェスに参加した自分用に、装備の備忘録をば。
 
 
 
 
 
  
【フジロック&ツーリング必需品】
 
・チケット
 コレがないと始まらない
 
・運転免許
 いえーい!ゴールドになった〜!...やっと...w
 
・現金
 何だかんだで8日間で5万くらい使ったかな(チケ代、高速代など除く)
 会場でお目当てのグッズやお土産があるなら+α。
 
 
 
【一般的な装備】
 
・携帯電話、充電器
 天気予報のチェックに。
 
・腕時計
 天候が悪くなることがあるので、携帯電話で時間を確認するより 防水の腕時計の方が気を使わなくていいと思う。
 
・コンパクトデジカメ
 旅の思い出に。
 フラッシュをたかない方がいい場面が多いので、フラッシュはOFFにして、ISO高感度設定にしておくとGOOD。
 当たり前だけど、アーティストは撮っちゃダメ。
 
・着替え
 ドライTシャツ系はかさばらなくて便利。
 晴れた昼はかなり暑く、雨の夜はかなり冷えるので重ね着対応。
 
・帽子
 日焼け帽子に。直射日光で体力を奪われると、夜のステージが楽しめない。
 ちょっとした雨の時も便利。
 
・メッシュシューズ
 サンダル代わり。天気がいいときは会場にもこれでいく。濡れても乾きが早い。
 
・長靴
 しっかりと雨が降っているときの相棒。
 バイクだとかさばるモノは避けたいので、日本野鳥の会 バードウォッチング長靴を選択。
 こいつはクルクルッと巻けるので、収納サイズが小さくなるのがポイント。
 畳むと普通のシューズと同じくらいのサイズになる。
 また、雨が降っていないときにはふくらはぎの部分を巻いて短くできるので、蒸れを軽減できる。
 安いのも魅力。
 
・レインウエア
 場内は傘をさせないので、雨の時は必須。
 自分はバイク用のを持っているので安心!とタカをくくっていたのだが、バイク用は一般的にフードが付いていないので注意。
 
・タオル、ポケットティッシュ
 
・日焼け止めクリーム
 若い頃は焼けても何ともなかったんだけどねぇ。
 今は焼けただけで疲れるよ...w
 
・防虫薬
 虫に刺されやすい人、草むらに寝る人は必需品。
 缶は会場に持ち込めないので、スプレータイプは注意(キャンプサイトはok)
 蚊よりブヨが多いので、ブヨに効くヤツがいい。
 
・携帯ライト
 マグライトなど防水のモノがいい。
 夜になるとキャンプサイトはもちろん、会場内でも結構暗いところが多い。
 ポケットに入れているうちに、いつの間にかスイッチがオンになってしまうような構造のモノは×。
 
・リュック(ポーチ類)
 会場移動用の小さなもの。
 雨具、タオルなどを入れておく。
 
・サングラス
 目が弱いのでw
 
 
 
【キャンプ用装備】

・テント
 シュラフだけで寝ている猛者も見かけるけど、標高が高いので気温差も激しく、夜露もしっかりとおりるので小さくてもいいので持って行こう。
 あたりまえだけど、事前に組み立ての練習をしておくこと。
 自分の両隣は 箱を開封するところからスタートしていて組み立てられず、結局手伝ったw
 昼で、明るくて、風が無くて、雨が降っていなくて、平らなサイトで、人数がいれば練習なしでも説明書を見ながら組み立てられるだろうけど、自然は人間に厳しいモノなのよ。
 あと、防水スプレーは事前にね。
 隣に迷惑だし、雨が降っていたらスプレーできないし。
 タープは使用禁止なので、日よけが欲しい人は前室が大きなモノを。
 オイラのテントはポールが限界。
 ゴムが伸びきった。これって、修理できるのかなぁ。
 
・シュラフ(寝袋)
 夏用で十分。
 バイクの場合、収納時にコンパクトになるのが重要。
 寒がりの人は、コンパクトなシュラフカバーを1つ持って行けば便利。
 オイラのダウンシュラフはそろそろ限界。
 来シーズンは買い換えだ。
 
・ロールマット類
 自分は銀マット派。安いし。
 エアマットも種類豊富なので、選びがいがある。
 背の高い人は長いものを。
 コンパクトなテントの場合は、事前にカットしておくと便利。
 
・折り畳みいす
 テント前でちょっと腰掛けるときに。
 まったりとフジロックを楽しみたい場合は、会場に持ち込みも可能。

・南京錠
 テントでの盗難防止に。
 気休め。
 フジロックのためだけの装備で、ほかでは使ったことない。
 
・洗面用具
 最低限のものにおさえておく。
 自分の場合は歯ブラシ+α。
 液体のものは、ナルゲンのボトルなどに小分けしておくと、かさばらなくて便利。
  
 自分は洗顔兼用のボディーソープや、コンタクトレンズの保存液などを入れるのに活用。
 安くていいね。
 
・ペットボトル
 現地で調達可能。
 500mlサイズに水を入れておけば、夜ノドが乾いたときはもちろん、朝の歯磨き渋滞にも巻き込まれない。
 
・ガスストーブ、カートリッジ
 フジロックのサイトは火気禁止だけど、その後のキャンプ用に。
 カートリッジは小型のもの(110タイプ)が積載に便利。

・ラジオ
 ライト付きで携帯の充電もできるヤツ。
  
 AM/FMラジオが使えて、スポット/ソフトライトが付いていて、携帯電話も充電可能。
 そして全機能が、手回しでも乾電池(単4)でも使える。
 しかも防滴。
 これを持って行ったので、今回はランタンを持って行かなかった。
 
・カップ、先割れスプーン
 チタンの軽いヤツ。
 
・コッヘルセット
 お湯を沸かすのと、現地食材をちょっと調理する時のために。

・ウィンドブレーカー上下
 寝る時&ちょっと寒かったときの重ね着用。
 
・ポケットティッシュ
 何かと使う。
 
・トイレットペーパー
 事前に芯を抜いて潰しておく。
 何かと役に立つ。
 
・ウェットティッシュ
 全身拭ける大判タイプ。
 スッキリリフレッシュ。

・ビニール袋大小
 ゴミ袋になったり、防水グッズになったり。

・布テープ
 ガムテープの丈夫なヤツ。
 丸ごと持って行くのではなく、2mくらい引き出して巻いて持って行く。
 トラブル時に何かと使える。

・耳栓
 キャンプの必需品。
 静かなサイトなら不要だけど、響いてくるステージの音の中でサクッと寝るのに便利。
 こまめな睡眠が、体力回復のカギ...w

・メガネ
 コンタクトしていない時用。

・薬など
 風邪薬、胃薬、絆創膏、目薬、トゲ抜き...程度
 サロンパスなどの小さな湿布を持って行くと、体力回復に有効(...オッサン)

・折り畳み傘
 フジロック会場内は傘禁止だけど、キャンプサイトはok。
 その後のキャンプツーリング用にも。
 サイトでの日よけにもなる。
 
・洗濯ばさみ
 4,5個くらいあると何かと使える。
 タオルを干したり、テント内でものをぶら下げたり。
 
・耳かき
 いい音を聞くために(^^;
 
・万能ナイフ
 ビクトリノックスを使用。
  
 ハサミで爪も切れると書いてあるけど、失敗しそうなので試したことないっス。
 
 
 
 
 
 
【バイク用】
 
・タンクバッグ
 地図とすぐに使いたいモノを入れるために。
 
・地図
 今回は新発売の「ツーリングマップルR」を持参。
   
 サイズがでかくてタンクバッグに上手く入らなかったよw
 表紙と裏表紙を1cmずつカットして解決。
 
・ペン
 メモ用。
 ツーリングマップルRは、撥水性の紙でできているので、シャーペンやジェルインクタイプだと書けない
 
・テンションロープ、ネット
 積載用。
 テント内に引っかけても役立つ。
 
・クレジットカード
 高速道の料金払い用。
 ETC欲しいなぁ。
 
 
 
【趣味の品】
 
・デジタル一眼レフ
 PENTAX K10D。
 防塵防滴のアウトドア向きなヤツ。
 画像はコチラなど。
 
・予備バッテリー、予備SDカード
 
・smc PENTAX DA 21mm F3.2 AL Limited
 薄くて軽いので常用レンズとして使用。
 会場スナップなどに。
 
・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
 ツーリング中はこちらのレンズを常用。
 大自然を撮るのに最適な超広角。
 
・Kenko WPCワイドサーキュラーPL Φ77
 10-20mmとの組み合わせで使用。
 10-20mmは花形フードが浅いので、フードを付けたままフィルターを回転させるのも楽。
 
・レンズクロス
 
・カメラバッグ
 Loweproオフトレイル2。
 ツーリング用カメラバッグとして秀逸。
 付属のレンズケースは交換して使用。
 
 
デジイチ関連のキャンプツーリング装備については、コチラのエントリもどうぞ。
 
 
 
【持って行けばよかったもの】

・爪切り
 耳かきは持って行ったのに忘れた。
 いっつも忘れるんだよなぁ。
 
・K10D用バッテリーグリップ
 重さと かさばるのを嫌って持って行かなかったが、オフトレイル2がかなり優秀で全然疲れなかったので、持って行けばよかった。
 
・三脚
 せっかく軽量コンパクトな三脚(Velbon El Carmagne 443II)を購入したのだから、ちょっとぐらい無理しても持って行けばよかった。
 積載方法はちょっと悩むところだけど。
 
 
 
【持って行かなかったもの】
 
・ハンマー
 ペグを打つのに必須とかいうけど、15年以上使っていない。
 最近のサイトは柔らかいので、靴底で踏めばペグはささる。
 気をつけないと折れ曲がるけどw
 
・ランタン
 1〜2人のキャンプならいらないと思う。
 北海道ツーリングなら暖房代わりになるけど(もちろん、閉め切ったテント内で使っちゃダメ)
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなカンジ。
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 08, 2007

新iMac

噂どおり発売された新iMac
 
 
 
ノート派の不埒も、興味を持って待っていたのダス。
 
 
 
というのも、実家に買ってあげたiBook14inch(かれこれ4年以上前?)が、そろそろ買い換え時な雰囲気を醸し出していてねぇ。
 
 
 
還暦過ぎの年寄りが使うので、引き続き 液晶の大きめなマシンがいいと思うんだけど、MacBookProは明らかにオーバースペック
 
...というかプレゼントにしてはコストが高すぎる!w
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
iMacを買うなら...と狙っていた17inchがモデルから抜けて、20と24inchというラインナップ。
 
 
 
うひゃー でかいなぁ。
 
 
 
というのも、実家ではiBookを電話台の脇に置いて使うような、そんな住宅環境なのダス。
 
 
 
Imac
 
(相変わらず恣意的な広告が好きさっ!)
 
 
 
 
 
 
 
 
  
でも、前モデルの17inchと大して変わらない価格で20inch。
 
 
 
これは、結構魅力的かも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
...ぽち。
 
 
 
うわぁぁぁ〜ッ!!!
 
 
 
また、やってもーたぁぁぁぁっ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
発売日にアップルストアでポチってしまうのは何度目だろうか(学習能力無し)
 
 
 
というわけで、来週には実家に新マシンが到着予定。
 
 
 
自分が帰国するのは月末の予定なので、それまではおあずけ。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、モデルは一番下の20inch 2GHz (HDD250GB)
 
 
 
メモリだけ増やして2GBにしたダス。
 
 
 
自分が使うのなら、間違いなくキーボードとマウスはワイヤレスにするけど...ま、今回は見送り。
 
 
 
っつーか、一番下のモデルとはいえCore2Duoだし、俺のマシン(*)よりはるかにハイスペックだぜ > 母ちゃん! (...と、言っても全然分からないんだけどね)
 
 
 
* MacBook-black : CoreDuo 2GHz, RAM2GB, HDD120GB
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お会いするのが楽しみ(^^
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 04, 2007

キャンプツーリングのためのデジイチ装備

フジロックフェスティバル参戦ついでにキャンプツーリングに行ってきた。
 
 
 
天気にも恵まれ、楽しい7泊8日を過ごすことができて満足、まんぞく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はじめて、キャンプツーリングにデジイチ(PENTAX K10D)を持って行った。
 
 
 
荷物の容積も重量も限られるバイクでの旅にかさばる荷物を増やすことには抵抗があったが、終わってみると持って行って大正解であった。
 
 
 
何と言っても、コンデジでは表現できない「大自然の表情」を捉えることができたのが嬉しい。
 
 
 
コンデジ(RICOH Caplio R6)も持って行って、メモ撮りに活用。
 
 
 
うまく併用できたと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回、持って行ったデジイチグッズはこんなカンジ。
  
 
 
・K10D本体
・smc PENTAX DA 21mm F3.2 AL Limited
・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
・Kenko WPCワイドサーキュラーPL Φ77
・予備バッテリー
・予備SDカード
 
 
 
K10Dの防塵防滴は、安心感が強い。
 
 
 
今回のようなアウトドアならなおさらだ。
 
 
 
 
 
 
レンズはカナリ迷って2本選んだ。
 
 
 
選択の基準は「広角」
 
 
 
アウトドアな旅には広角が必須だと思うのだ。
 
 
 
以前、台湾内にて鉄道であちこち旅行に行ったときには「SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO」を使用して、「これぞ旅レンズだ!」と絶賛した。 
 
 
 
明るいし、寄れるし、街の旅行ならこれ1本で全て済む と思うくらいの万能なレンズだ。
 
 
 
が、今回はあえて外した。
 
 
 
 
 
 
変わりに選んだのは「smc PENTAX DA 21mm F3.2 AL Limited」
 
 
 
Da21
 
 
 
コンパクトな単焦点レンズを持って行けば取り回しに便利ということで、今回新たに購入した。
 
 
 
デジタル用パンケーキレンズの代表格である「smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited」に比べれば若干厚いが、それでも十分に薄くて軽い。
 
 
 
画角もちょうどいいと思う。
 
 
 
欲を言えばF2.8くらい欲しいところであるが、まあ、それはそれということで。
 
 
 
 
 
 
 
そして、今回もう1本どうしても持って行きたかったのが、「SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC」
 
 
 
10mm
 
 
 
超広角で大自然を撮影したかったのだ。
 
 
 
暗めのレンズなので朝晩は弱く、重さもあり、フィルター径77mmとかさばるが、35mm換算で15mmという超広角は何にも代え難い魅力。
 
 
 
 
 
 
このレンズにはKenkoのPLフィルター「WPCワイドサーキュラーPL」を装着して使用した。
 
 
 
森の緑、空の青、水の透明感を表現するのに大変役に立った。
 
 
 
(以下画像、クリックでちょっとだけ大きなポップアップ)
 
 
 
Torii
 
01
 
Gokayamaaikura02
 
Goziraiwa10mm
 
 
 
「WPCワイドサーキュラーPL」は超広角にも対応しているし、フィルター前面にネジも切られているので、レンズキャップもそのまま装着できる。
 
 
 
汚れにも強いので、気分的な保険にもなっているw
 
 
 
 
 
 
予備バッテリーは1個で十分だった。
 
 
 
最終日に交換しただけ。
 
 
 
 
 
 
予備SDカードは結局使わなかった。
 
 
 
JPEG撮りなので、さほど容量を使わないのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これらのアイテムを入れたバッグは「Lowepro オフトレイル2」
 
 
 
標準で付いているレンズポーチ×2を外し、別売りのペットボトルホルダーを1つだけ装着して使用した。
 
 
 
これを左の腰に付けてバイクに乗る。
 
 
 
Lowpro
 
 
 
走行中はもちろんのこと、乗り降りの際も邪魔にもならないし、ウエストポーチ型なので重さも肩などにかかることもない。
 
 
 
バイクから降りた際は、標準で付いているショルダーストラップで肩から提げて使用した。
 
 
 
非常に使い勝手が良く、ツーリング用のバッグとしてピッタリだと思う。
 
 
 
リュック型のものは肩に重さがかかってライディングに影響が出るし、リアに積載した荷物との干渉する。
 
 
 
その点、この「オフトレイル2」なら、ちょっと停まったときに素早くカメラを出して撮影することもでき、かなり便利に使うことができた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の機材チョイスは自分でも満足できたので、今後もキャンプツーリングの際には、これらをベースに考えることになると思われるダス。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

August 02, 2007

カメラの臨時防湿対策

相変わらず台湾在住の不埒な輩。
 
 
 
日本以上に高温多湿な環境なので、防湿対策には気を使う。
 
 
 
台湾勤務が完了したら小さめの防湿庫を購入する予定ではあるが、それまでのしのぎとして購入したのが東洋リビングのモバイルドライ(MD-1)である。
 
 
 
To01
 
 
 
シリカゲル系の吸湿剤を使っているタイプだと思われる箱形の製品。
 
 
 
...キムコみたい?
 
 
 
シリカゲル系の吸湿剤は吸湿後に乾燥させることで再利用できるが、天日干しなどを行う必要があり面倒である。
 
 
 
このモバイルドライは100V電源を使って本体を発熱させて、吸湿した水分を飛ばすことができるのが特徴。
 
 
 
To02
 
 
 
吸湿状況を示すインジケータもあるので、それを目安に使うことができる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
某カメラ系HPで紹介されてから品薄が続いているらしいダス(^^;
 
 
 
値段も手軽でいいよな。
 
 
 

| | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »