« 少子高齢化の波は | Main | CaplioR6の再生操作(インプレその6) »

June 06, 2007

NIKE+対応シューズ以外で Nike+iPodを楽しむ

Nike+iPodでジョギングを楽しむようになって、6ヶ月ちょっとが過ぎた。
 
 
 
運動不足解消が目的だったが、ダイエットの効果もあって、ウエストは5cm細くなり 体重は5kg軽くなった
 
 
 
すばらしいよ!Nike+iPod!!
 
 
 
というわけで、自分へのご褒美でシューズ購入を検討。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで、NINE+対応シューズだけを使ってきた。
 
 
 
かれこれ3足。
 
 
 
さらに、もう1足注文中。
 
 
 
NIKE+対応シューズのラインアップは、初心者・初級者向けのものが多い。
 
 
 
自分はビギナーなのだから それでいいのだけど、もう少し他のシューズも試してみたいというのが、正直なところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6ヶ月前に、MarwareのSportsuit Relay(nanoのアームバンドと、センサー用ホルダーのセット)は購入していた。
 
 
 
今までアームバンドばかり使っていて、足につけるセンサーホルダーは使う機会がなかった。
 
 
 
せっかく持っているのだから、使ってみよう!
 
 
 
(Amazonをのぞいてみたら、Marwareのセンサーホルダー単体でも販売しているのね。知らなかった。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回、購入したシューズはアディダスのクライマクール レボリューション
 
 
 
Adi02
 
 
 
特徴は、「軽くて涼しい」
 
 
 
全体がメッシュで構成されている。
 
 
 
表面に風を導入するためのヒダヒダが配置されていて、これによって走行中も靴の中に空気を導いている。
 
 
 
Adi03
 
 
 
うおー、涼しぃ~。
 
 
 
靴底も通気用の穴だらけ。
 
 
 
Adi04
 
 
 
こりゃ、水たまりに踏み込んだら一撃で浸水ですな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このシューズに、センサー用のホルダーをつけて、さっそくワークアウト。
 
 
 
Adi01
 
 
 
 
 
 
まず、センサーの誤差について。
 
 
 
NIKE+対応シューズ同士でもモデルが違うと誤差が大きくなりやすいし、そもそもランナーの体調にも左右されるものなのでなんとも言えないけど...。
 
 
 
今回、分かったのはセンサー用のホルダーを使うと、速度が遅めに計測される!...ような気がする。
 
 
 
よって、距離指定のワークアウトの場合、いつもよりも長めに走らないとワークアウト完了できない!...ような気がする。
 
 
 
まぁ、常にこのシューズでジョギングするのなら、この状態で距離補正しちゃえば解決するんだろうけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
シューズ自体は軽いし、なんといっても高い通気性がいいカンジ。
 
 
 
高温多湿の南国ランで活躍しそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クッション性もナカナカでだけど、クッションをまかなっている範囲が今まで使っていたシューズと異なるので、慣れるまでは違和感がありそう。
 
 
 
今までのシューズ(NIKE AirMax180+、SHOX TURBO OH+、AirMax180II+)では、足の前後で接地している感じが強かった。
 
 
 
しかし、このシューズでは土踏まずも使って接地している感じがするのだ。
 
 
 
土踏まずが刺激されて気持ちいいのだけど、自分のように扁平足気味な人には刺激が強すぎるかも(^^;
 
 
 
慣れるかどうか、しばらく使ってみるダス。
 
 
 
 
 
 
 
 
  

|

« 少子高齢化の波は | Main | CaplioR6の再生操作(インプレその6) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/15332882

Listed below are links to weblogs that reference NIKE+対応シューズ以外で Nike+iPodを楽しむ:

« 少子高齢化の波は | Main | CaplioR6の再生操作(インプレその6) »