« iPodの充電を考える | Main | "Nike+iPod"に やっぱり必要だったモノ »

April 11, 2007

RICOH Caplio R6 を数日使ってみて(インプレその2)

やっと、初期設定から抜け出しつつあるR6。
 
 
 
初期設定から変えた点はこんな感じ。
 
 
 
フォーカス:スポットAF
測光方式:中央
ステップズーム:ON
スローシャッター速度制限:OFF
LCD輝度調節:最弱
ISO AUTO-HI 設定:ISO1600
操作音音量設定:OFF
ADJ.ボタン設定4:画質
CARD連続NO.:ON
 
 
 
もちろん、撮影しながらいじることも多々あるけど、これが持ち歩くときの標準になりつつ...。
 
 
 
この設定で、マクロ撮影してみた。
 
 
 
 Nomos_3
 
クリックでちょっとだけ拡大 (ISO64、焦点距離50mm(35mm換算)、1/6s、F4.1)
 
 
 
さ、どんどん使うぞう。
 
 
 
 
 
 
上記の設定でフラッシュOFFにして、WBバランスを屋外、グリッドガイド表示にしたものを「マイセッティング1」(屋外の普段使い用)に登録(DISP.モードも登録できるのね〜(^^ )
 
  
 
「マイセッティング1」をISO64にして、手ぶれ補正OFF、マクロON、WBバランスを蛍光灯、セルフタイマー2秒にしたのが「マイセッティング2」(室内静物マクロ三脚撮影用)
 
 
 
「マイセッティング2」で撮影したやつをトリミング↓
 
 
 
Nomos_uraura
  
クリックでちょっとだけ拡大 (ISO64、焦点距離135mm(35mm換算)、1/3s、F5.2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地味だけど便利に使っている機能が、「グリッドガイド表示」
 
 
 
R6ura_1
 
 
 
根性が曲がっているせいか 気を抜くとすぐ傾いて撮影してしまう自分に最適。
 
 
 
3分割線も、構図を決めるのに便利。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆に不便だと思っている点もある。
 
 
 
今まで使っていた機種と違って、「マクロオン」で使っていても 電源を切るたびに「マクロオフ」に戻ってしまう、というところ。
 
 
 
慣れれば問題ないのだろうが、ちょっと戸惑っている。
 
 
 
「マイセッティング」に登録すれば マクロ状態は保持されるので、コチラを利用している。
 
 
 
 
 
 
あと、軽い逆光でも、液晶モニタではビカビカに露出が飛んでいるように見えること(スミア)がよくある。
 
 
 
これはモニタだけの問題で、撮影したデータの方はちゃんと撮れているので、店頭での比較の際などは留意ダス。
 
 
 
 
 
 
ついでに、電源OFF状態から「再生ボタン長押し」で、再生モードによる起動ができると分かったのは、つい最近のことダス(^^;
 
 
 

|

« iPodの充電を考える | Main | "Nike+iPod"に やっぱり必要だったモノ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/14631722

Listed below are links to weblogs that reference RICOH Caplio R6 を数日使ってみて(インプレその2):

« iPodの充電を考える | Main | "Nike+iPod"に やっぱり必要だったモノ »