« GGR 新OP | Main | 海外調達観戦グッズの行く末...の続き »

February 05, 2007

「Nike+iPod」の問題点など

以前のエントリ「「Nike+iPod」で何ができるの? (ラクで楽しいジョギングへ)」では、魅力を訴えていたばかりだったので、ちょっと視点を変えてみて...。
 
 
 
Nike+iPodには、まだまだ改善すべき問題や、FAQ、Tipsがある。
中でも、よく知られているものを羅列してみる。
 
 
 
 
 
 
ワークアウト中や終了後にiPodがフリーズする
 
自分は3ヶ月使っていて1度だけ発生した。
幸い、データは消えなかった。
原因は不明。
iPod nanoのリセット(「センターボタン」と「センターボタン」の同時長押し)で復旧。
ただし、1度目のリセットでは「Nike+iPod」メニュー内の表示がおかしかった。
2度目のリセットで正常に戻った。

「ラドクリフ姉さんがしゃべっている最中に、nanoを操作していたのがフリーズの原因かも」と思い、それ以降は音声ガイダンス中は操作しないようにしている。
そのお陰かどうかは分からないが、その後、フリーズは発生していない。

中には全く起こらない人もいるし、頻繁に起こる人もいるとか。

ちなみに、ワークアウト中にバッテリーが切れるというトラブル(?)も多い。
「Nike+iPod」のためにつかう電力はさほど多くはないというハナシだが、ただ音楽を再生するよりはバッテリー消費も早いので、充電はシッカリと。
(Appleによれば「レシーバーは iPod nano からほんの少しの電力しか消費しません。バッテリーの再生時間に対する全体の影響は 5 パーセント未満です。」とのこと。)
 
また、ワークアウト後にiPodを放置しておくと、液晶表示とバックライトの両方が消えた状態になる。
これで「電源が切れた」と思っていると、実は電源はオンの状態で、バッテリーを消費し続けるので注意。
 
 
 
データ送信中にエラー
 
「サーバーへのワークアウトデータ送信中にエラーが起こり、データが送信できない」というトラブルもよく聞く。
こちらは、自分は発生したことがない。
送信できなかったデータは ユーザー側では送信したことになっており、次回送信が成功してもそのデータは送られないとのこと。
 
今のところ、明確な解決策は内容だが、解決策が望まれる。
 
 
 
測定精度
 
これは、仕様によるところが多いのだけど。
足の動きから測定するという方法なので、GPSなどを使っている測定法に比べれば、どうしても精度は劣る。
リーズナブルな製品なので、そこはある程度目をつぶるしかないと思う。
 
また、「Nike + iPod: Nike + iPod Sport Kit の調整方法 【Apple】」を参考にして、測定基数の調整(キャリブレーション)を行えば、使用者の使い方に合わせて精度を上げることができる。
これは、走り方や熟練度が変わってきた際の測定精度向上にも有効であるという。
 
このキャリブレーションに失敗した場合は、調整を一度リセットする必要がある。
(詳細は、「Nike + iPod: 予期せぬ結果になった場合に調整する方法【Apple】」を参照)
  
あくまで私感だが、ペースを急激に変えるような走り方をした場合に誤差が大きくなるような気がする。
これは、「ペース」×「時間」で「距離」を算出している仕組み上、やむを得ないことだと思う。
 
 
 
マラソンでの距離ガイダンス
 
Nike+iPodの設定で 距離単位を「km」にしていても、ワークアウトで「マラソン」や「ハーフマラソン」を選ぶと 距離単位が「マイル」でガイダンスされてしまう。
残り400mのカウントダウンだけは、正常に「m」でアナウンスされる。
 
バージョンアップ等で対策が望まれる。
 
 
 
英語以外の音声ガイダンスを利用する方法
 
Nike + iPod Voice Kits: よくお問い合わせいただく質問と回答【Apple】」を参照。
 
 
 
スクリーンネームに全角文字が含まれていると、チャレンジに登録できない
 
「NIKE+」サイトの「Challenges」に参加登録する場合、メールアドレスかスクリーンネームを開催者に教えて登録してもらう。
しかし、スクリーンネームに全角文字が含まれていると、スクリーンネームによる登録はできない。
この場合、メールアドレスによる登録は可能。
 
早い解決が望まれる。
 
 
 
NIKE+対応シューズの靴擦れ
 
自分はエアマックス180+で体験したトラブルなのだが、他のシューズでも起きているかどうかは分からない。
ただし、同様のトラブルは多くあるようだ。
詳細は「NIKE AIRMAX180+ インプレッション」に記載しているが、インソール(中敷き)の品質によるトラブルであり、インソールの交換により解決する。
 
今後の対応が望まれる。
 
 
 
NIKE+対応シャツのセンターボタンずれ

ナイキプラスサーマル1/2トップ」のエントリーでも書いている。
このシャツの「iPod用ポケット」についている「センターボタンマーク」(走りながらでも操作できるように付けられている凸のアクセサリ)が、iPod nanoのセンターボタンと合わないのである。
 
自分以外のユーザーからも同様の報告があり、今後の改善が望まれる。
 
 
 
 
 
 
これらの問題があることを差し引いても、「Nike+iPod」は素晴らしい製品だと思っている。 
そうでなければ、ずっとジョギング三日坊主だった自分が、毎月100km超をコンスタントに走るなんて不可能w
 
 
 
まだ新しいサービスであり、種々の問題があるのはしょうがないと思う。
早期に対策して、より良いサービスにしてもらいたい。
 

|

« GGR 新OP | Main | 海外調達観戦グッズの行く末...の続き »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/13788703

Listed below are links to weblogs that reference 「Nike+iPod」の問題点など:

« GGR 新OP | Main | 海外調達観戦グッズの行く末...の続き »