« 国際線で沖縄ツーリング | Main | 「セカンドライフ」をはじめてみる  セカライ放浪記(1) »

February 20, 2007

iPodをもっと楽しく使ってみよう


 
iPodを楽しく使っているだろうか?
 
もうちょっと面白いことができそうなんだけど、「こんなもんかな?」と思いながら使っている人が多いのではないだろうか?
 
 
 
iPodを使っているけど イマイチ楽しくない人のために、楽で簡単に使える2つの機能を紹介したい。
 
「レーティング」「スマートプレイリスト」である。
 
今回は、この2つのキーワードを知らないiPodユーザー、もしくは知っているけどあまり使っていないユーザー向けの おはなし。
 
 
 
 
 
  
FMラジオを聞いていて 
 「この番組の選曲は自分好み!」
とか、
 「今日は自分の好きな曲がよくかかるな〜」
なんてことは、音楽好きなら誰にでもあると思う。
  
自分の場合は、それだけで結構幸せだったりする(^^
 
iPodと、MDや他の携帯プレーヤーの最大の違いは、「お気に入りのFM局を持ち歩くことができる」と「できない」の差だと思う。
 
iPodなら それができるのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【その0:ソフト準備編】まずはバージョンチェック

まず、iTunesが最新バージョンになっているかチェック!

 → iTunes【アップル】
 
 
ついでに「歌詞自動取得ソフト」と、「アートワーク(ジャケット画像)自動取得ソフト」も最新バージョンにしておこう。
自分が使っているのは下の2つのウィジェット。
これらはMac用のフリーソフトだが、似たようなソフトがWin用でも豊富にある。
 
 → TunesTEXT【Cyan's Image Chamber】
 (再生中の曲の歌詞を自動的に取得。曲への貼り付けも自動でできる。)
 
 → Album Art Widget【liquidx】
 (再生中の曲のアートワークを自動的に取得。曲やアルバムへの貼り付けは手動。)
 

 
全て無料で準備万端(^^
 
 
 
 
 
 
【その1:レーティング編】自分だけの楽曲ランキング
 
アルバム中の1曲が、突然気に入ったりすることはないだろうか。
古い曲が、再び新鮮に聞こえることはないだろうか。
 
そんなときはすかさずレーティングしてみよう!
 
  

 
iPodなら曲を再生した状態(上の画面)から2回センターボタンをクリック。
(アートワークを登録している場合は3回クリック)
 

 
この★が並ぶ画面がレーティングの画面である。
単に「お気に入り度」を登録するだけ、と思って使っていない人も多いのではないだろうか?
 
nanoだとこんな画面。
 

 
この画面でホイールをくるくる回すと★が0〜5個の6段階でレーティングすることができる。
 
 
iTunesなら、「マイレート」という項目がそれにあたる。
 
2_1
 
iPodでレーティングしたものも、ちゃんとiTunesに反映されるので大丈夫(^^
 
自分の場合、レーティングの目安はこんなカンジ。
 
★★★★★:最高!いつ聴いてもイイ!!何回聴いてもイイっ!!!
★★★★☆:かなりイイ。お気に入り。ヘヴィローテーション。
★★★☆☆:好き。定番。
★★☆☆☆:気になる。
★☆☆☆☆:聴ける。
☆☆☆☆☆:嫌い。もしくは未評価。
 
 
このレーティングが「自分だけのFM局」への第1歩となる。
 
 
 
 
 
 
【その2:スマートプレイリスト編】iTunesをいじってみよう
 
iTunesの「ファイル」メニューから、「新規スマートプレイリスト」を選択する。
 

 
(Mac版の画面だが、Win版もほとんど同じ。)
 
スマートプレイリストを作るための項目選択が出てくるので、好きなように入れてみる。
 
 
たとえば、
 
 次の すべての ルールに一致:
  マイレートが
 ★★★・・ より大きい
  最後に再生した日が 07/01/20 以前
 ライブアップデート

 

 
とすれば、「ここ1ヶ月聴いていない、★★★★以上の曲」というスマートプレイリストができる。
つまり「お気に入りで懐かしめの曲を流してくれるFM局」のできあがりである。
 
この「ライブアップデート」にチェックを入れることが重要で、これによってiPodとPCを接続する度に、その条件にあったリストに更新してくれる。
レーティングの変更や、再生回数、再生日などの情報が更新され、「生きたデータベース」となるのだ。
 
 
 
もう1つ例を上げてみる。
 
 次の すべての ルールに一致:
  マイレートが
 ★★・・・ より大きい
  再生回数が 5 より小さい
 上限 1 GB  選択方法 ランダム
 ライブアップデート

 

 
これで「好きなんだけど まだあまり聴いたことがない曲だけを流してくれるFM局」の完成!
 
このスマートプレイリストのポイントは、「上限1GBをランダムで選択」してくれること。
これによって、容量が小さなiPod nanoなどでも、このスマートプレイリストに同期しておけば、常に新鮮な状態でランダム選曲してくれるのだ。
まるで、莫大なCDの山の中から、毎日、自分のためだけに曲をチョイスしてくれるDJのように。
 
スマートプレイリストを作ったのは自分なのに、何が再生されるか分からない。
聴くたびに新鮮な曲の編成。
まさに「俺のFM局」
 
 
 
ちなみに、プレイリスト(スマートプレイリストを含む)ごとの同期を行う方法は...
 
 PCにiPodを接続
 iTunesの左ウィンドウ内の「デバイス」から、設定したいiPodを選択
 「ミュージック」タブを選択
 「音楽を同期する」にチェック
 「選択したプレイリスト」のボタンを押す
 同期させたいプレイリスト(スマートプレイリスト)を選択
 右下の「適用」ボタンを押して、iPodをアップデート

 
 
...文章にすると長いけど(^^;、早い話がコレだけ↓
 

 
  
詳細は下記HPを参照ね。
 「曲を iPod に自動的に読み込む」(Mac版)【アップルサポート】
 「曲を iPod に自動的に読み込む」(Win版)【アップルサポート】
 
 
 
 
 
 
【その3:楽曲取り込み編】持ってるCD全部!
 
CDの楽曲を取り込む際に、大事なのは「所有しているCDを全て取り込む」という点。
「PCのハードディスク容量が足りない」とか「10万枚のCDを持っている」という場合を除いて、全て取り込んでしまった方がいい。
なぜなら、それが生きたデータベースの源となるのだから。
 
持っているiPodの容量を超えてしまっても全く問題ない。
上で紹介した、「容量の上限を指定するスマートプレイリスト」を使えば大丈夫。
 
 
 
 
 
 
簡単に説明したが、まだまだイロイロな機能があるiPod。
せっかくなので、自分なりの使いこなしをしてみてはいかがだろう?
 
 
 
 
 
 
 
 iPodや関連製品の評価・オススメ・お気に入りについてはコチラ
 不埒屋本舗
 
 
 

|

« 国際線で沖縄ツーリング | Main | 「セカンドライフ」をはじめてみる  セカライ放浪記(1) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/13982101

Listed below are links to weblogs that reference iPodをもっと楽しく使ってみよう:

» シャッフルをどうやって使う? [アップルiPod nano(アイポッド・ナノ)の使い方講座]
アイポッドシャッフルを使いこなしましょう。通常のipodに比べ、このシャッフルは手ごろなところが特徴です。GBもそれほど大きくはなく、価格も手ごろ。先ずはビギナーの方や、「ちょっとしたシチュエーションで!」という方に最適です。マニュアルはついている事はついているのですが、とても簡単なものです。ここでご紹介する書籍のマニュアルで研究すると、より幅を持たせた使い方ができるでしょう。... [Read More]

Tracked on March 01, 2007 at 00:42

« 国際線で沖縄ツーリング | Main | 「セカンドライフ」をはじめてみる  セカライ放浪記(1) »