« ナイキプラス対応カスタマイズシューズ完成! | Main | 新品の剃り味 »

January 25, 2007

愛機紹介(2):エポス 3342BK

 33421
 
 
 
 
 
 
最もシンプルな構成ながら、eposらしさがみなぎっている一本。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
【epos 3342BK】
 
 ステンレススチール (35φ × 6.6mm)
 サファイアクリスタル
 シースルーバック
 3気圧防水

 
 
 
手巻きの良さが活かされている「薄くて小振りなケース」は、日常での使い勝手が非常によい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ムーブメントはキレイにコートドジュネーブも施されて、裏からの見栄えも価格以上の価値有り。
 
 
 
33422
 
 
 
<Peseux(プゾー)7001>
 
 17石、21,600vph (6振動/秒)
 
 
 
eposは、「予算内で、どうやってムーブメントの魅せるか、どうやって時計の魅力を引き出すか」をよく知っていると思う。
 
 
 
夢が無い、と言ってしまえばそれまでだが、一般庶民に手に入る価格でこれだけの時計をリリースするという姿勢に賛同してしまう。
 
 
 
ちなみに、前回紹介したNOMOSもPeseux7001をベースとしたムーブメントである。
 
 
 
並べてみるとよく分かる。
 
 
 
33423
 
 
 
(左:epos、右:NOMOS)
 
 
 
NOMOSの方はイロイロ手が加えられているので、細かいところがノーマルのプゾーと異なる。
 
 
 
例えば、epos3342BKはハック機能が無いが、NOMOSはハック機能付き...とか。
 
 
 
精度もNOMOSに軍配が上がるが、もちろん eposも実用上は全く問題ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
例によって、Dバックルを装着。
 
 
 
33424
 
【Dバックル(シルバー、16mm) SV16_type5 & サンドブラスト加工刻印
 
 
  
時計屋ネットにて購入。
 
 
 
このDバックルは、刻印の文字や書体が異なるものを3本持っているので、付け替えたりして楽しんでいる。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
エポスは他にも数本あるので、そのうち紹介できれば。
 
 

|

« ナイキプラス対応カスタマイズシューズ完成! | Main | 新品の剃り味 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/13207860

Listed below are links to weblogs that reference 愛機紹介(2):エポス 3342BK:

« ナイキプラス対応カスタマイズシューズ完成! | Main | 新品の剃り味 »