« 手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve - | Main | 時計の名脇役 - 革とバックル - »

December 09, 2006

ホルガー・オジェック

FIFA技術委員として、日経スポーツ欄でも登場していたオジェックが当確だとか。
 
 
 
なんで、エンゲルスの昇格ではダメなのか よく分からないけど、FIFAクォリティの手腕を期待しているダス。
 
 
 
FIFAエレメンツをFIFAソリューションでFIFAコンバインすることで、レッズもFIFAコンフュージョンだぜ!(いや、それはイカン)
 
 
 
 
 
 
レッズフロントの一貫した姿勢が、監督選びにも現れたというところだろうか。
 
 
 
それは、「監督とはコワイ顔であるべきである」ということだ。
 
 
 
狙い通り、徐々にコワイ顔になってきている。
 
 
 
なるほど、それではクリンスマンは除外だ。
 
 
 
オジェックの次は、カーンか? ドゥンガか?
 
 
 
 
 
 
Guido

|

« 手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve - | Main | 時計の名脇役 - 革とバックル - »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/12995022

Listed below are links to weblogs that reference ホルガー・オジェック:

« 手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve - | Main | 時計の名脇役 - 革とバックル - »