« 天皇杯はNHKワールドプレミアムで | Main | "Nike+iPod"を使って2ヶ月 »

December 29, 2006

オリジナルムーブメントの魅力

シースルーバックやスケルトンなどの、「中身が見える時計」が好きだ。
 
 
 
見えないムーブメントに想いを馳せるより、すぐそこに動いている歯車が見えた方が好奇心を覚える。
 
 
 
 
 
 
ETAの汎用ムーブメントも良いのだが、そのメーカーが想いを込めて作り込んだオリジナルのムーブメントとなれば、より一層、深いロマンを感じる。
 
 
 
自分のような庶民でも手に入れられる価格帯において、オリジナルムーブメントを搭載している時計は 増えてきているものの、まだまだ少ない。 
 
 
 
何をもって「オリジナルムーブメント」とするかは 意見が分かれると思うが、ここは ゆるーく考えて、 多少の部品がOEMで供給されていても認めちゃう。
 
 
 
それでも、自動巻きより手巻きが好きな場合、その選択肢はカナリ狭まる。(←自分の話)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなオリジナルのムーブメントを搭載機というと、NOMOSを1本持っている。
 
 
 
Nomos01
 
 
 
「見せ方」を知っているというか、ツボを押さえた造りでとても気に入っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手に入れやすい価格帯における (いわゆる)「オリジナルムーブメント」という点で見まわすと、フレデリック・コンスタント (FREDERIQUE CONSTANT) のFC910シリーズが、「次に欲しい1本」の最右翼に挙げられる。 (例によって手巻き限定でチョイス)
 
 
 
これも「見せるムーブメント」の成功例ではないだろうか。
 
 
 
オープンハートに「これでもかっ!」とアピールされたテンプ。
 
 
 
シースルーバックも、よく計算された美しさ。
 
 
 
たまらん
 
 
 
デイトはおろか 秒針すら無いというのが、これが また何というか...。
 
 
 
 
 
 
このオリジナルムーブメントにムーンフェイズとスモールセコンドを組み合わせたモデル(FC915シリーズ)もあるが、こちらは気軽に購入できる価格ではないのでパス。
 
 
 
デザインは好きなんだけど....手が届かないっす!
 
 
 

|

« 天皇杯はNHKワールドプレミアムで | Main | "Nike+iPod"を使って2ヶ月 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/13208257

Listed below are links to weblogs that reference オリジナルムーブメントの魅力:

« 天皇杯はNHKワールドプレミアムで | Main | "Nike+iPod"を使って2ヶ月 »