« November 2006 | Main | January 2007 »

27 posts from December 2006

December 31, 2006

天皇杯必勝祈願

必勝をー、祈願いたしましてー、例によってNIKE iDで遊んでみたダス〜。
 
 
 
不埒デザインの「レッズ必勝シューズ」
 
 
 
まずは、ナイキプラス対応シューズから。
 
 
 
Air_zoom_moire_id_1
 
AIR ZOOM MOIRE iD
 
 
 
Nike_shox_turbo_oh__1
 
NIKE SHOX TURBO OH+
 
 
 
Azulikeit_air_id
 
AZULIKEIT AIR + iD
 
 
 
ここから先はNike+iPod非対応。
 
Air_zoom_brave_id

AIR ZOOM BRAVE iD
 
 
 
Air_zoom_flight_five_id
 
AIR ZOOM FLIGHT FIVE iD
 
 
 
Air_zoom_katana_iii_id
 
AIR ZOOM KATANA III iD
 
あれ?
 
遊んでいたときはあったのに、KATANA III が「販売終了」になってる。
 
夏用に1足作るつもりだったのに...(T_T)
 
AIR ZOOM FLIGHT FIVE iD で作るか...。(全然夏用じゃないな)
 
 
 
 
Nike_shox_nz_id
 
NIKE SHOX NZ iD
 
 
 
Sprint_brother_premium_id
 
SPRINT BROTHER PREMIUM iD
 
 
 
Tennis_classic_premium_id
 
TENNIS CLASSIC PREMIUM iD
 
 
 
よし、これで勝ったも同然だ。
 
 
 
うん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、モワレプラスのデザイン画面に、こんなメッセージがあった。
 
 
 
_4
 
 
 
あいぴっど?
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 30, 2006

"Nike+iPod"を使って2ヶ月

もともと第3世代iPodや 5.5世代iPodを使って、音楽を聴きながらジョギングをすることはあった。
 
 
 
よほど気が向いたときだけ。週1回とかそれくらい。
 
 
 
恒常的な三日坊主といった感じだった。
 
 
 
 
 
 
しかし、"Nike+iPod sports kit"を入手してからは全然違う。
 
 
 
天気と体調が良ければ毎日でも走れる(ちょっと誇張)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素人がスポーツする上で重要なのは、何よりも「楽しい」と感じられることだと思う。
 
 
 
単調な運動であるジョギングに対して モチベーションを保つのは、その先に別の目標(ダイエットのためとか、健康のためとか)がないと、なかなか難しい。
 
 
 
しかも、その目標に対する意識を強く持っていることが必要になる。
 
 
 
ところが、"Nike+iPodスポーツキット"を使うことによって、 ジョギング自体が楽しみとなった。
 
 
 
モチベーションの上げ方も、きわめて簡単。
 
 
 
仲間達と楽しんだ、あの部活感覚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流れる景色の中で、音楽を聴きながら汗をかく。
 
 
 
この単純な作業に データの収集と解析が加わったことによって可能になった、過去の自分と 今の自分の比較。
 
 
 
Plus3
 
Plus2
 
 
 
さらに、ネットにおいて他ユーザー情報との融合により可能になった、他の人との比較。
 
 
 
Plus
 
 
 
これらの組み合わせによる相乗効果は、話を聞いただけでは何が楽しいのか想像しにくいのだが、体感するとやめられない とまらない
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、マイペースで走り続けることができている。
 
 
 
正直、自分でも驚きだ。
 
 
 
現在、日々のジョギングペースはこんな感じ。
 
 
 
 月 : 土日に走ったときは休み。そうでなければ5km
 
 火~金 : 雨が降っていなれば、5km
 
 土 : 10km
 
 日 : 15km
 
 
 
雨が降ったら走らないし、気分がのらなければ休んだり。
 
 
 
それで 大体 30~40km/週のペース。
 
 
 
以前の自分からは 全くもって考えられない距離だw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなNike+iPodだが、全く不具合が無い...というわけではない。
 
 
 
 
 
 
まずは、ワークアウト中の問題。
 
 
 
まれに、iPod nanoフリーズすることがある。
 
 
 
自分はこの2ヶ月で1度だけ発生した。
 
 
 
ワークアウト終了時に操作したところ、フリーズして、そのまま入力を受け付けなくなってしまった。
 
 
 
「MENU + センサーボタンの長押し」によるリセットで復旧し データも無事だったが、話によると同様のトラブルは 他ユーザーでも起こっているようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NIKE純正のナイキプラス対応の長袖シャツにも問題がある。
 
 
 
既に取り上げているが、nanoを入れるポケットについている「センターボタン用の装飾」の位置がずれているのである。
 
 
 
これも、他ユーザーからも同様の話を聞くので、何とかして欲しいところ。
 
 
 
そんなに難しい問題ではないと思うのだが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、NIKE+対応シューズの中には、インソールの品質に問題を抱えているものもある。
 
 
 
こちらも以前に取り上げたが、中敷きの交換によって対応可能なので、違和感があったら早めに交換した方がいいと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
某所では測定距離の精度が話題になっていたが、これはキャリブレーションすれば大体イイ線いっていると思う。
 
 
 
そもそも、この価格の製品なんだから、走り方の違いや測定誤差による1割や2割ぐらいのブレはしょうがないだろう。
 
 
 
この精度を上げるために、価格が上がるようなら本末転倒だと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いくつかの問題はあるものの、全体としての使用感はとても良好である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにガイドアナウンスは、曲に合わせて雰囲気が出るのでずっと英語で使っていた。
 
 
 
最近、メッセージを日本語にしてみたのだが、これはこれでいいかも。
 
 
 
日本語ガイダンスにして、ナイキプラスのサーマルシャツを着て走っていると、今にも「エントリープラグ射出不可能です!」みたいなメッセージが流れてきそう。(意味不明)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
運動不足に悩んでいる諸兄。
 
 
 
メタボリックなアナタ。
 
 
 
運動を始めるきっかけがほしい人。
 
 
 
音楽が好きなら試してみる価値はありまっせ。
 
 
 
 

 
 
 


| | TrackBack (0)

December 29, 2006

オリジナルムーブメントの魅力

シースルーバックやスケルトンなどの、「中身が見える時計」が好きだ。
 
 
 
見えないムーブメントに想いを馳せるより、すぐそこに動いている歯車が見えた方が好奇心を覚える。
 
 
 
 
 
 
ETAの汎用ムーブメントも良いのだが、そのメーカーが想いを込めて作り込んだオリジナルのムーブメントとなれば、より一層、深いロマンを感じる。
 
 
 
自分のような庶民でも手に入れられる価格帯において、オリジナルムーブメントを搭載している時計は 増えてきているものの、まだまだ少ない。 
 
 
 
何をもって「オリジナルムーブメント」とするかは 意見が分かれると思うが、ここは ゆるーく考えて、 多少の部品がOEMで供給されていても認めちゃう。
 
 
 
それでも、自動巻きより手巻きが好きな場合、その選択肢はカナリ狭まる。(←自分の話)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなオリジナルのムーブメントを搭載機というと、NOMOSを1本持っている。
 
 
 
Nomos01
 
 
 
「見せ方」を知っているというか、ツボを押さえた造りでとても気に入っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手に入れやすい価格帯における (いわゆる)「オリジナルムーブメント」という点で見まわすと、フレデリック・コンスタント (FREDERIQUE CONSTANT) のFC910シリーズが、「次に欲しい1本」の最右翼に挙げられる。 (例によって手巻き限定でチョイス)
 
 
 
これも「見せるムーブメント」の成功例ではないだろうか。
 
 
 
オープンハートに「これでもかっ!」とアピールされたテンプ。
 
 
 
シースルーバックも、よく計算された美しさ。
 
 
 
たまらん
 
 
 
デイトはおろか 秒針すら無いというのが、これが また何というか...。
 
 
 
 
 
 
このオリジナルムーブメントにムーンフェイズとスモールセコンドを組み合わせたモデル(FC915シリーズ)もあるが、こちらは気軽に購入できる価格ではないのでパス。
 
 
 
デザインは好きなんだけど....手が届かないっす!
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 28, 2006

天皇杯はNHKワールドプレミアムで

祝・天皇杯準決勝 NHKワールドプレミアム中継!
 
 
 
めでたく、鹿島戦も台湾からサポートできるダス。
 
 
 
ここ台湾は、年末年始も特に関係ないので、今週末の唯一の楽しみ(T-T)
 
 
 
(台湾の正月休みは、旧暦なので2月...とほほ〜ん)
 
 
 
元旦まで楽しませてくれ!
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 27, 2006

パワーソングにゲームソング

ほぼ毎日、Nike+iPodでジョギングを楽しんでいる。
 
 
 
「最後の ひと踏ん張り」というところで センターボタンを長押しすると、あらかじめ選んでおいた「パワーソング」を再生することができる。
 
 
 
パワーソングを再生したタイミングは ワークアウトの記録にも残るので、あとから見てみるとおもしろい。
 
 
 
パワーソングが再生されたとたん、走行スピードを示すグラフがググッとあがって...その後 失速してたりとかw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワークアウト時に聴く音楽は、走行ピッチに近い曲はできるだけ選ばないようにしている。
 
 
 
以前は自分のピッチに近い曲をわざわざ選んでいたのだが、曲のテンポにつられてペースが狂うことが多く、結果 ワークアウト後半で疲れてしまうということが多かったのだ。
 
 
 
そんなわけで、走行ピッチよりもテンポが遅い曲や、かなり速い曲を選ぶようにしている。
 
 
 
 
 
 
 
ただし、パワーソングは「あわせやすいテンポ」が楽しいと思う。
 
 
 
ワークアウトの最後の最後で、文字通り「音楽に引っ張ってもらう」のだ。
 
 
 
また、元気が出るように明るくて、ヘトヘトにならないように短いの曲であることも 自分にとっては重要。
 
 
 
 
 
 
 
明るく、元気が出て、テンポが良く、適度な長さの曲。
 
 
 
某所でも紹介したのだが、こちらでもちょっと違う曲を紹介しておく。
 
 
 
しかも みんなが好きな、無料でダウンロードできるmp3でw
 
 
 
ゲームソングなんだけど、これがナカナカ気持ちいいのである。
 
 
 
自分も好きなゲームなのだが、ナムコの「もじぴったん」
 
 
 
Moji

 
 
 
このゲームに使われている曲には、お気に入りのcapsule等も参加していて、iTunesでもヘビーローテーションなのだ。
 
 
 
そんなわけで、ここ最近のパワーソングはコチラの上から2つめの曲。
 
 
 
わーずわーずの魔法(easter egg mix) : Plus-Tech Squeeze Box ハヤシベトモノリ 
 
 
 
ゴキゲンなラストスパートに向けて、いかが?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう。
 
 
 
mixiの「nike+ipod」コミュにて、「年末年始まったり組」というイベントを開催中。
 
 
 
「30日間マイペースで走る」というだけのChallengeなのだが、自分自身、ジョギングへのモチベーションをあげるのに とても役立っている。
 
 
 
こちらも、お暇ならいかが?
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 26, 2006

革バンドの穴開けの必需品...らしい

欧米からの輸入時計の場合、腕の太い連中向けにベルト穴が開けられているので、自分のように腕の細い人の場合、穴の追加が必要な場合がある。
 
(自分の手首まわりは約16cm)
 
 
 
店頭で購入する場合は 購入時に穴を追加してもらえばいいが、ネットで購入するとそういうわけにもいかない。
 
 
 
劣化による交換だけでなく、季節に合わせたり、ファッションに応じてベルトを換える際にも自分で穴が開けられると便利。
 
 
 
 
 
 
腕時計の革ベルトに、追加の穴を開けるために使われている道具が「ポンチ」である。
 
 
 
通常は、ポンチをハンマーで打ち付けて革に穴を開ける。
 
 
 
だけど、もっと簡単に、しかもキレイに穴を開けられる工具があるとのこと。
 
 
 
時計屋ネットによると、スクリューポンチというのがイイらしい。
 
 
 
しかも、いろんなトコロで話を聞いていると、野中製作所のモノが、ズバ抜けてイイらしい。
 
 
 
737310_o3
 
 
 
スクリューポンチは 先端が替え刃になっており、交換することによって様々なサイズの穴が開けられる。
 
 
 
手元にある時計を何本か見てみると、大体1.2〜1.5mmくらいの穴が空いているベルトが多い。
 
 
 
よし、スクリューポンチ本体と、替え刃(1.2 mm、1.5mm)を買ってみよう。
 
 
 
 スクリューポンチ本体 (3.0mm刃付):2,400円
 
 替刃 1.2 mm:510円
 
 替刃 1.5 mm:470円
 
 
 
1.0 mmの替え刃(550円)も買おうか迷ったけど、とりあえずこれで遊んでみよう。
 
 
 
 
 
 
と、ソコまでは良かったのだが、ネット上で取り扱っているところがナカナカ見つからなかった。
 
 
 
本体や太い替え刃はあちこちで見かけるのだが、細い替え刃の需要が少ないのか...。
 
 
 
ネット上を探すこと約30分。
 
 
 
見つけた〜!
 
 
 
スクラップブッキング用品店のmamamanoにて発見!
 
 
 
即、購入!
 
 
 
さ、これで、予備品になっていたNOMOSのシェルコードバン革ベルト(スタンダードサイズ、黒)も、ベルト着せ替えローテーションに組み込めるか?
 
 
 
早くブツが来ないかなぁ。
 
 
 
ま、すぐに家に届いても、一時帰国までは手元には来ないんだけど (^^;
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 25, 2006

レッズ観戦用バッグ (Nike+iPod ワークアウト対応)

観戦グッズの旅も、やたら長いですな。
 
 
 
早い話が、観戦できないと レッズに関する話題って これくらいしかできないのダス。
 
 
 
まぁ、そんな大人の事情はさておき。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またまた、NIKE iDでグリグリ遊んでみた。
 
 
 
Redsbag1
 
【NIKE C.O.R.E. BACKPACK/W IPOD HOLDER iD】
 
 
 
どこかで見たことあるようなデザインなのは、自分のセンスが無いからしょうがないとして。
 
 
 
もちろんココは、iPod UPGRADE(オプション)をチョイス。 
 
 
 
Redsbag2
 
 
 
iPodやnanoを収納スペースに入れて、Dockコネクタに端子を接続すれば、ストラップにあるリモコンで操作できるというブツ。
 
 
 
Redsbag3
 
 
 
おお!これは便利(...そうに見える)
 
 
 
 
 
 
Nike Flow Backpanel(オプション)をチョイスすれば、ワークアウトの時も背中をクール&ドライにキープ(...できるのかなぁ?)
 
 
 
バックパックを背負ってワークアウトするシチュエーションがイマイチ想像できないけど、カッコ良さそうな一品ではある。
 
 
 
買わないけどね(^^;
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 24, 2006

ワイヤレスマイティマウス...故障?!

愛機MacBookと共に、海外渡航中も大活躍の Apple Mighty Mouse Wireless。
 
 
 
ところが、2日前くらいから調子が悪い。
 
 
 
っつーか、壊れたっぽい (T-T)
 
 
 
Mouse_3
 
 
 
クリックも、スクロールボールも、スクイーズも問題ないのに、ポインタを動かすことができない
 
 
 
だめじゃん!
 
 
 
電池を新品に替えたり、MacBookを起動し直したり、マウスをあちこち掃除してみたりしたけど変わらず。
 
 
 
 
 
 
試しに、BootCampでWinXPを立ち上げ、そちらの環境でも確認。
 
 
 
うーん。同じ症状だ。
 
 
 
お手上げ〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう事態になって改めて、アップルストアがない海外に暮らしているという不便さに直面する。
 
 
 
次回の一時帰国のときに 銀座に寄って、見てもらうかなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
...サンタさ〜んっ!
 
 
 
これから いい子にするから 直して〜。
 
 
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 23, 2006

選手権

天皇杯準々決勝。
 
 
 
なんだか、ドキドキの展開だったようですな。
 
 
 
それでも、なんとかかんとか飯田産業 磐田をしのいで準決勝進出。
 
 
 
映像も見れていないので分からないのだけど、PK戦でも友ちゃんのマイナスイオンパワーが炸裂したそうで。
 
 
 
めでたし。めでたし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次の相手は鹿島。
 
 
 
この際、相手はどこでもいい。
 
 
 
問題はレッズのメンバー。
 
 
 
ワシントン、闘莉王、三都主、ネネのサンバチームに続いて、長谷部が累積で出場停止。
 
 
 
えーと、あと誰がいたっけ?
 
 
 
と、とにかく うしろだ。
 
 
 
うしろを埋めろ。
 
 
 
都築と山岸のダブルキーパーで人数を間に合わせろ!
 
 
 
よし。
 
 
 
コレで何とかなるな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
選手権といえば、高校サッカーも、自分との母校が新年早々登場なので、見逃せねぇでガス。
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 21, 2006

NIKE SHOX TURBO OH+ バージョンアップ(?) →しつこくレッズ対応も考える

ナイキショックスターボOHの、ナイキプラス対応版がバージョンアップ(?)
 
 
 
今はAIRMAX180+(白/赤)を使っているけど、併用シューズとして、これは買っておかねばならんでしょう。
 
 
 
 
 
 
早速、NIKE+のサイトでチェック。
 
 
 
ふむふむ。
 
 
 
Nike Shox Turbo OH SLね。
 
 
 
...なんか、地味だなぁ。
 
 
 
もっとこう、レッズ戦の観戦シューズとしてもパッとするカラーがないもんかなぁ。
 
 
 
(↑”Nike+iPod”ジョギング用シューズに対して、求めているものがオカシイ)
 
 
 
 
 
 
今使っている「レッズ戦対応型ジョギング用シューズ」エアマックス180+(下画像)を巡る葛藤についてはコチラのエントリーを参照。
 
 
 
Redsred1
 
 
 
 
 
 
そういえば、前回は AIR ZOOM MOIRE + iD でカラーカスタマイズをして遊んだなぁ。(下画像)
 
 
 
Redsred2
 
 
 
 
 
 
...今回も遊んでみるか。
 
 
 
と、いうわけで、SHOX TURBO OH +で遊んでみた。
 
 
 
NIKEiDのサイトでグリグリすること十数分。
 
 
 
...隊長!できましたーっ!
 
 
 
 
 
 
その1(ver. 野人)
Reds01
 
その2(ver. そーま)
Reds02

その3(ver. 友ちゃん)
Reds03

その4(ver. マコ様)
Reds04

その5(ver.レディア)
Redia

 
 
 
...うーん。
 
 
 
全部欲しい!(一部除く)
 
 
 
そんなワケにもいかないので、すみやかにサイトを退場。
 
 
 
ま、前回はここで誤って地雷を踏んでしまったので、気をつけて...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぽち 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うわぁぁぁっ!また、地雷踏んだーッッッ!!!w
 
 
 
...何をやっているんだ俺は。
 
 
 
 
 
 
というわけで、SHOX TURBO OH + のiDカスタマイズカラーを購入
 
 
 
みんなが気になる(?)カラーリングは到着後発表!!w
 
 
 
「お届けまで3-6週間」って書いてあるので、しばらく先だけどねー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、前は「SHOX TURB OH+」じゃなかったっけ?
 
 
 
「TURBO OH+」に名称が変わったの?
 
 
 
それとも別物?
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 20, 2006

NIKE 限定ヘッドホン インプレ

"Nike+iPod"を使ったジョギングのお供に、と思って購入した "Nike Duro Behind-the-head Headphones" のインプレ。
 
 
 
この製品はアップルストア限定販売ということになっているので、概要はアップルストアやHPで どーぞ。
 
 
 
 
 
 
使ってみた感想としては、良くも悪くも「ジョギング専用ヘッドホン」ということ。
 
 
 
 
 
 
まずは、いい点から。
 
 
 
・コードの取り回しが優れている
 
 コードは後頭部のさらに後側、頭に接しないところから垂れ下がるように取り回されている。
 
 このヘッドホンとNIKE+(ナイキプラス)のシャツを組み合わせると、装着した状態で走っても、首を回しても、コードが首周りなどに触れない。
 
 これは、イイ!
 
 一度使うとクセになる、快適さだ。
 
Nikehead
 
 
 
・耳への負担が少ない
 
 ホールディングのタイプとしては「耳掛け型」に分類されるのだが、下画像のように掛ける部分も柔らかく、プラスチック製のものとは異なり痛くならなかった。
 
Nike1_2
 
Nike2_2
 
 
 
ちなみに、全体に力がかかっても、こんなにグニャグニャ。
 
Nike3_2
 
 
 
 
 
 
・首に掛けやすい
 
 ワークアウト後に耳から外して 首からかける場合も、グニャグニャ加減が活かされてイイ感じ。
 
 
 
 
 
 
次に、弱点。
 
 
 
・気密性が低い
  
 形状から分かるように、気密性は皆無。
 
 ジョギングする際は周囲の音が聞こえるのでいいのだが、電車の中では音量が小さくても 音が漏れやすいと思われるので注意。
 
 
 
・音質はソコソコ
 
 あまり期待してはいけない。
 
 ジョギング専用なのだからw
 
 
 
・高い
 
 うん、高い。
 
 
 
 
 
 
デザインなども気に入って買うのならばいいのだか、性能の割に価格が高いこともあり、万人に薦められるほどの製品ではない。
 
 
 
あと、メガネを使う人は、メガネの形状によっては耳に掛ける部分が干渉するかも。
 
 
 
 
 
 
ちなみにこの製品はPhilips製で、とある国では(アップルストアでなくても)普通に売っているダス。
 
 
 

| | TrackBack (2)

December 19, 2006

革ベルト交換と Dバックル取り付け - NOMOS -

Nomos1_1
 
 
 
そんなわけで、手元にやってきたノモス(NOMOS)
 
 
 
 
 
 
異常がないことを確認したら、さっそく予定していたカスタマイズを開始ダス。
 
 
 
自分は腕周りが16cmしかないので、オリジナルのバンドではブカブカ気味。
 
 
 
そんなわけで、純正のショートベルトに変更。
 
 
 
時計全体のイメージをすこし柔らかくするために、ベルトの色も黒から茶に変えてみる。
 
 
 
ついでに、丈夫なシェルコードバンをさらに長持ちさせるため、そして時計の落下を防ぐためにDバックルを取り付けることにした。
 
 
 
 
 
 
まずはバネ棒外しで、ストラップの取り外し。
 
 
 
Nomos3
 
 
 
前は精密ドライバーで代用していたんだけど、やっぱりバネ棒外しがあると楽。
 
 
 
さくさくっと、ベルトを外す。
 
 
 
Nomos5
 
 
 
うーん。これだけでもカッコイイ(^^
 
 
 
ノモス タンジェントデイト パワーリザーブの尾錠は、こんなカンジ。
 
 
 
Nomos4
 
 
 
「スポーツ」以外は共通かな?
 
 
 
ついでに、リューズには ちぃぃぃ〜さな字でロゴが入っている。
 
 
 
Nomos12
 
 
 
 
 
 
美しいシースルーバックを眺めながら、紅茶を一杯...
 
 
 
Nomos6
 
 
 
...する時間もないので、そそくさと進める。
 
 
 
 
 
 
ノモス純正革ベルトの比較。
 
 
 
Nomos7
 
 
 
(上:ショートの茶、下:スタンダードの黒)
 
 
 
裏の刻印もこの通り。
 
 
 
Nomos8
 
 
 
 
 
 
次はDバックル。
 
 
 
今回選んだのは、 時計屋ネット「新型Dバックル シルバー16mm (SV16_type5)」(刻印含む)。 
 
 
 
やっぱ、Dバックルは観音開きじゃないとね。
 
 
 
Nomos9
 
 
 
ちなみに、タンジェントスポーツはベルト幅が違うので、Dバックルをつける場合は上記の型番ではないので注意。 
 
 
 
 
 
 
作業終了〜。
 
 
 
取り付け状態はこんなカンジ。
 
 
 
Nomos10
 
 
 
 
 
 
ベルトとの接続部の仕上がりもイイ感じ。
 
 
 
Nike13
 
 
 
 
 
 
バックルを閉じたときも、露出がスマートで満足。
 
 
 
Nomos11
 
 
 
 
 
 
Dバックルをつけたことによって、時計を装着する際にベルトを曲げなくてもスムーズにつけられるようになった。
 
 
 
あまりに楽すぎて、一度使うとやめられないかも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、今のところ NOMOSの日差は装着で0~+5秒といったところ。
 
 
 
すげぇ。
 
 
 

| | TrackBack (2)

December 18, 2006

For "Nike+iPod" な グッズ

例によって"Nike+iPod"ジョギング用のグッズを、一時帰国で仕入れてきたダス。
 
 
 
とりあえず報告だけで、インプレは後日。
 
 
 
 
 
 
まずは「ナイキプラスシームレスS/Sトップ」
 
 
 
Nike3_1
 
 
 
長袖の「 ナイキプラスサーマル1/2トップ」は既に使っているんだけど、まだまだ台湾では 早朝以外は半袖で十分な気候なので。
 
 
 
 
 
 
ランニングソックス(2種類)
 
 
 
Nike4
 
Nike5
 
 
 
とりあえず、試しで(^^
 
 
 
 
 
 
Nike Duro Behind-the-head Headphones
 
 
 
Nike1_1
 
 
 
アップルストア限定販売のワークアウト専用ヘッドホン(?)
 
 
 
普通のヘッドホンとは 装着感がカナリ違うけど、ジョギングでの効果はテスト中。
 
 
 
ちなみに、スウッシュ(ナイキのマーク)一番目立つはずのトコロに、ひっそりとデザイン。
 
 
 
Nike6
 
 
 
 
 
 
ついでにnanoも登録した。
 
 
 
Nike2_1
 
 
 
AppleCare Protection Plan for iPod
 
 
 
アップルケアも、これで3台目だな...。
 
 
 
いつの間にか、パッケージが変わったのね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、以前掲載した断線ヘッドホンは、アップルケアに連絡して無償交換となったダス。
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 16, 2006

時計のある風景 (2) - epos -

Epos
 
 
 
南の島から久々に帰ってきた男にとって、この季節の日本は寒すぎた。
 
 
 
寒さから逃げるように 小走りで馴染みの床屋にすべりこむと、週末ということもあり先客が数人。
 
 
 
暖かい店内に、控えめに流れるFM。
 
 
 
いつもの椅子に腰掛けて ガラス越しの街道を眺める。
 
 
 
厚着の人々が、背を丸めて足早に交差点を行き交う。
 
 
 
並木もすっかり葉を落とし、寒々とした風景。
 
 
 
何気なく 腕に目をやれば、袖から epos が顔を出す。
 
 
 
スケルトンな その時計を、しばし見つめる。
 
 
 
視線から放たれた好奇心が、歯車を通して 正確に時を刻む。
 
 
 
どんなに強く北風が吹いていても、土の中では 必ず次の命が息づいている。
 
 
 
懸命に回る小さな歯車たちを見つめていると、そんな思いが巡ってくる。
 
 
 
どの歯車も、誰に言われたわけでもないのに動き続ける。
 
 
 
たとえ、オーナーが見ていなくとも。
 
 
 
それが運命なのだ、とでも言わんばかりに...。
 
 
 
「おまたせ!」
 
 
 
...!
 
 
 
自分の番を告げるマスターの声で、床屋にいたことを思い出す。
 
 
 
気がつけば、北風にさらされた身体も すっかり温まっていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Epos_logo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
epos Ref.3336 と、そのオーナーの風景
 
 
 

| | TrackBack (1)

December 15, 2006

時計のある風景 (1) - NOMOS -

 Nomos2_1
 
 
 
人は生まれたその瞬間から、25億秒のカウントダウンに入るのだという。
 
 
 
ふと、腕の Tangente を眺め、これまでの10億秒を盤面に映してみる。
 
 
 
飾り気の無い、円と直線。
 
 
 
真実は、それだけで構成される。
 
 
 
そこに、甘えに満ちた半生なぞ 重ねられるはずもなかった。
 
 
 
繰り返される日々のように、淀みなく周回を重ねるスモールセコンド。
 
 
 
忙(せわ)しない世間など素知らぬ顔で、穏やかに鼓動を刻むテンプ。
 
 
 
オーナーがゼンマイを巻き上げない限り 増えることのないパワーリザーブインジケーター。
 
 
 
視線をあげ、がらんとした空間に向かって 軽く息をつく。
 
 
 
指先で軽くリューズをはさみ、ゼンマイを巻きはじめる。
 
 
 
回すごとに、巻き上げ残量を示す黒色のインジケーターの面積が増えていく。
 
 
 
NOMOS。
 
 
 
ギリシア語で「秩序、規律」を表すその名の通り、この時計には凛と張り詰めた何かが宿っている。
 
 
 
それでいて、決して冷たくない。
 
 
 
ゼンマイを巻き上げられて、すっかりと満足そうな 腕の相棒に話しかける。
 
 
 
...さぁ。
 
 
 
いこうか。
 
 
 
残り15億秒の旅に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Nomos
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NOMOS Tangente Date Power Reserve (Black indicator) と、そのオーナーの風景
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 13, 2006

シンジが移籍リストに!

私の大好きなシンジが....
 
 
 
移籍リスト[第07-02号]【J's GOAL】
 
 
 
 
 
 
私の好きなシンジといえば、当然...
 
 
 
>・城定信次/19770828/湘南ベルマーレ/20070131/20061205 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、
 
 
 
誰か とってぇー。
 
 
 
三都主が移籍して、平川が日本代表に選出されて、相馬が着ぐるみで多忙なとき、きっと戦力になるよ...うな、ならないような。
 
 
 
02jojo

 

| | TrackBack (0)

December 11, 2006

機械式じゃない時計も語ってみる - 海外で電波時計 -

さんざん機械式時計のことを書いてきたけど、クォーツが嫌いなわけじゃない。
 
 
 
クォーツも好き。
 
 
 
クォーツ式の時計が「携帯する機械」として面白いかというと、ブラックボックスが多すぎてイマイチ面白くない。
 
 
 
けど、「何ができるか」という点に絞って機械式時計と比べれば、クォーツ式の方が優位なのは 火を見るよりも明らか。
 
 
 
歴史的にも面白いと思う。
 
 
 
「腕時計 = 機械式 = 舶来品 = 高価」という数式をひっくり返したのは、日本の技術力。
 
 
 
それを一方的に否定するのはもったいない。
 
 
 
ただし、「クォーツ一辺倒になってしまったせいで、それまで継承してきた技術力を下げてしまった」というのが今の日本の時計製造業界の問題点であるわけだが。
 
 
 
 
 
 
自分はバイク乗りなのだが、車も嫌いなわけじゃない。
 
 
 
仕事に出かけるときや荷物があるときは4輪の方が便利だし、音楽も聴けるし、何よりも疲れない。
 
 
 
だけど、時には肌で風を受けたり、季節の香りを感じたり、エンジンの鼓動に合わせて流れる風景の中を駆けてみたい。
 
 
 
そんなときは単車に限る。
 
 
 
 
 
 
時計も同じ。
 
 
 
身体を動かす仕事や、スポーツをするときはクォーツ。
 
 
 
だけど、機械の鼓動を感じたいときや、なによりもゼンマイを巻きたいときは機械式に限る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、肉体労働も多いエンジニアである自分は、クォーツにお世話になっている時間が長い。
 
 
 
今使っているのは、CASIOのG-SHOCK系である「The-G」の 電波ソーラー初代モデル。
 
 
 
発売直後に購入した。
 
 
 
言わずと知れた「G-ショック」の耐衝撃性防水性
 
 
 
それに加え、日本中どこでも正確な時間を刻む電波時計
 
 
 
蛍光灯の光でも発電できるソーラー発電
 
 
 
視認性に優れたアナログ針と、様々な情報を表示できるデジタル表示のコンビネーション。
 
 
 
「周囲の照度」と「時計を見る動作」を感知して作動する自動バックライト
 
 
 
使用していないときは、非装着を感知して 表示を休止するオートパワーセーブ
 
 
 
その他もろもろの機能が付いて、「これ以上 何もいらない」というのが購入したときの正直な印象だった。
 
 
 
 
 
 
自分の腕に「常に正確な時刻がある」というのは、非常に不思議な感覚である。
 
 
 
そもそも時間というのは、カタチの見えない非常にあいまいなモノである。
 
 
 
それが、こんなにハッキリとした状態で手元にある。
 
 
 
しかも、電池切れがない。
 
 
 
光さえ当てておけば、動き続ける。
 
 
 
 
 
 
はじめて手にしたときは「コレが21世紀だよ!」と、感動したものだ。
 
 
 
...そう。ちょっとSFチックですらある。
 
 
 
 
 
 
台湾の生活でも大活躍中。
 
 
 
気候の関係で日本以上に汗ばむ、突然の雨もあるという環境において、日常生活では よほどのことがない限り クォーツ式の優位性は揺るがない。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、条件が良ければ 九州(こちら)から発進されている電波(60Hz)を台湾でも受信することができる。
 
 
 
電波が微弱なため、ビルが多い街中や、コンクリートの建物内では受信は難しいが。
 
 
 
試しに、マンションのベランダから手動受信を試してみた。
 
 
 
G01
 
 
 
右の液晶にある「RC!」というのが、電波受信作業中の表示。
 
 
 
上の液晶に「C」みたいなマークが出ているが、これが受信電波の強さ。
 
 
 
このモデルでは電波の強さは4段階で表示され、受信できていない(もしくは電波が弱すぎる)と何も表示されず、強い電波を受信できていると「G」のマークになる。
 
 
 
「C」は、微弱だが受信できているという状態を示している。
 
 
 
上記画像の状態が安定して続けば 時刻補正できるのだが、電波が受信できたり できなかったりの繰り返しで、時刻補正には至らなかった。
 
 
 
天候などにもよるが、ビルの多い街中ではなかなか難しいようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところで、日本と台湾の間には時差が1時間ある。
 
 
 
この時差は電波時計ではどうなってしまうのか、不思議ではないだろうか?
 
 
 
 
 
 
実は、問題なく使えるのである。
 
 
 
使うためには、ちょっと「ひとひねり」があるんだけどw
 
 
 
 
 
 
このモデルでは、「ホームタイム都市」という設定項目がある。
 
 
 
電波が受信できる都市を設定すれば、自動的にその国の時間を受信できる。
 
 
 
ちなみに、この時計は「2局受信」なので、日本とアメリカの発信局にしか対応していない。
 
 
 
そのため、台湾(*)をホームタイム都市に設定すると、電波受信機能自体が働かないのだ。
 
 
 
(*実際には、台湾と同じ時刻帯の香港(HKG)になる。台湾と中国は同じ時刻帯なのだが、台北(TPE)や北京(PEK)を使うと、それぞれの国に輸出した際に お互い政治的にもイロイロややこしいので、香港(HKG)を使ってきた経緯がある (もちろん香港がハブ空港として発達していた、というのもあるが)。香港が中国に返還されたあとも、そのままである。中国本土と台湾の航空直行便は未だに実現できていないが、台湾-香港便は従来通り継続されていることからも、両政府にとってあいまいな立場である香港は、利用しやすいようである。)
 
 
 
そこで、ホームタイムは東京(TYO)に設定する。
 
 
 
これで、時計内部は日本国内にいるのと同じ状態なので、(電波状態が良ければ)受信も自動でやってくれる。
 
 
 
 
 
 
次に、表示時刻の変更。
 
 
 
このモデルでは、小窓のデジタルと、アナログ針の両方で時刻を表示することができる。
 
 
 
まずは、簡単なデジタルの方の設定。
 
 
 
これは、ちょっとしたデジタル時計なら大抵付いている「ワールドタイム」で対応。
 
 
 
海外旅行や、海外イベントのテレビ観戦時に使うアレである。
 
 
 
モードを選択して、台湾と同じ時刻帯の香港(HKG)を選べばおしまい。
 
 
 
内部の時計は東京のままで、デジタル表示は−1時間で表示してくれる。
 
 
 
 
 
 
そして、アナログ針の表示。
 
 
 
これは、自分も購入するまで知らなかったのだが、アナログ式の電波時計では(カシオの このモデルだけかも知れないけど)内部の時計と アナログ針の表示の絶対位置がリンクしていないのである。
 
 
 
...え?
 
 
 
内部時計が1分刻むと、アナログ針も正確に1分刻む...これは問題ない。(この時計では長針は20秒に1回、ちょびっと動く)
 
 
 
しかし、何かの拍子で(例えば 間違って操作して) アナログ針を5分間ずらしてしまったら...。
 
 
 
なんと、正確に5分間ずれた状態で時間を刻み続けるのである。
 
 
 
この状態は、時計が電波を受信して、時刻が補正されても継続される。
 
 
 
最初、これを知ったときは「えっ?!」と思ったのだが、逆に 台湾ではこの仕様が役に立つ。
 
 
 
つまり、わざとアナログ針をぴったり1時間ずらすのである。
 
 
 
このようにして、時計内部では 電波を受信しながら日本の時間を刻んでいるのに、表示される時間はデジタル・アナログとも台湾時刻という電波時計が出来上がる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時計は日本と北米で電波受信が可能な2局対応だが、最新モデルではこれにヨーロッパなどを加えた5局対応が主流になっている。
 
 
 
それでも、アジアは空白地区である。
 
 
 
調べてみたら、やはりそこにビジネスチャンスがあると睨んで、中国での電波時計普及を目指し、インフラ整備に向けて駆け引きがおこなわれている様子。
 
 
 
シチズン時計、電波時計の中国市場戦略強化で中国社に出資【NIKKEI.NET】
 
 
 
中国は単に人口が多いだけでなく、国土が あれだけ横に長いのに 標準時が1つしかないので、電波時計普及にはもってこいの環境。
(人口が都市に偏っていて、都市と地方の貧富の差も大きいので、どこまでカバーするかは問題だけど)
 
 
 
ロシアだと そうはいかないw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何の操作をしなくても、その国の電波を受信して正確な時刻を刻む時計。
 
 
 
...そんなものも、そのうちできるんだろうなぁ。
 
 
 

| | TrackBack (7)

December 10, 2006

レッズにとっての帰化・移籍

年明け早々にも、エスクデロが父ちゃんと一緒に帰化するとか。
 
 
 
浦和エスクデロが日本国籍取得へ【nikkansports.com】
 
 
 
 
え?!父ちゃんも日本代表を狙っていたの?!(←違う)
 
 
 
 
 
 
エスクデロは 今はちょっと伸び悩んでいる感があるけど、将来、レッズに必要な中心選手になるはず!
 
 
 
日本語の能力も、闘莉王や三都主や山田より上ということで、帰化への環境は問題なーし。
 
 
 
カタカナ名の申請なんかやめて、この際...美しくひらがなで申請するってのはどうでしょう?
 
 
 
「えすくでろ」
 
 
 
...市町村合併による新市名ネーミングの失敗例みたいな名前だな(どういう例えだよ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次。
 
 
 
ボルトンが三都主獲得へ動く?【nikkansports.com】 
 
 
 
優勝特番でいじられまくる三都主を見て「このキャラ...欲すぃ!」と思ったのだろうか。
 
 
 
ボルトン関係者がここ数試合のビデオを入手できなかった、というのは間違いないw
 
 
 
もしくは、相馬がボルトンに偽情報を流...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次。
 
 
 
浦和・中村GMが千葉・阿部獲り明言!FC東京や名古屋も興味【SANSPO.COM】 
 
 
 
阿部は、試合に出ないことに耐えられる選手だろうか?
 
 
 
そういうイメージがないんだよなぁ...。
 
 
 
友ちゃんやシンジのように、耐えることができ....
 
 
 
はっ?!
 
 
 
...ひ、ひょっとして、長谷部マコ様のドイツ行きがカウントダウン状態?
 
 
 
いよいよ カール・ハインツ・マコ様 が誕生?!(ドキドキ)
 
 
 
 

| | TrackBack (1)

時計の名脇役 - 革とバックル -

時計のベルトの話。
 
 
 
布や革や樹脂のベルトは「ストラップ」や「バンド」、金属製のモノを「ブレスレット(ブレス)」とかいう。
 
 
 
ごっついクロノグラフ(ストップウォッチ付きの時計)とかなら 金属のブレスがよく似合うけど、シンプルなデザインの時計には 革のストラップが「いい味わい」を出す場合が多いと思う。
 
 
 
 
 
 
NOMOS(ノモス)の場合、ストラップにホーウィン社(HORWEEN)「シェルコードバン」(シェル コードヴァン:SHELL CORDOVAN)を使っていることで有名である。
 
 
 
Horween
 
 
 
シェルコードバンは農耕馬のオシリの部分なので、(鞭に打たれて?)最も丈夫な部分。
 
 
 
農耕馬自体が少なくなっている上に、面積の少ないオシリということで 希少。
 
 
 
そのためコードバンは「革のダイアモンド」と呼ばれたりもする。
 
 
 
「シェルコードバンといえばホーウィン」というくらいの、有名なタンナー(革製造業者)
 
 
 
(タンナーについてはこちらが詳しい。)
 
 
 
 
 
 
そのシェルコードバンを、NOMOSでは純正で色違いや長さの異なるストラップを供給している。
 
 
 
有名(高級)ブランドでは耳にするサポートだが、庶民に手が届くブランドでは少ないのではないだろうか?
 
 
 
シェルコードバンだけでなく、柔らかくいカーフ(牛)も人気があるらしい。(詳しくはこちら
 
 
 
 
 
 
別にNOMOSでなくても、今使っている時計のイメチェンとしても、ベルト交換は楽しい
 
 
 
折角だから ちょっとこだわって、そして ちょっと奮発していいストラップ(ベルト)を選んでみるのはどうだろう?
 
 
 
時計を買い換えるより(普通は)安く、手元のファッションに変化が与えられる。
 
 
 
目に見える部分の材質だけでなく、肌に接する「裏材」などにもこだわりがあって面白い。
 
 
 
時計のベルト専門店というのもあるので、じっくり選ぶことができる。(例えばこちらとか)
 
 
 
精密ドライバーなどでも外せるけど、「バネ棒外し」があれば自分でも簡単にベルト交換ができる。
 
 
 
「バネ棒外し」は安価なので、1本あると便利。
 
 
 
 
 
 
「革ベルトは装着がめんどくさい」という諸兄には「Dバックル」(DEPLOYMENT BUCKLE)がオススメ。
 
 
 
時計の落下防止にもなるし、ベルトの寿命を延ばす高価もある(らしい)ので、自分もこれから購入しようと思っているところ。
 
 
 
Dバックルの構造にも種類があるが(詳しくはこちら、腕が細い自分には 安価なシングル(「2つ折り」ともいう)タイプではなく、観音開きタイプ(「3つ折り」とか「ダブルフォールディング」ともいう)が自分には合うようだ。
 
 
 
今のところ、「こだわりのDバックル」で知られる時計屋ネットが、物欲上位にロックオン!
 
 
 
プッシュ式ダブルフォールディングの「革なんだけど、こっそりメカニカル感」が、たまんねぇぇぇーっ!
 
 
 
刻印(文字入れ)も扱っているとのことなので、妄想は膨らむばかり。
 
 
 
 
 
 
 
取り付け方の解説は、こちらが詳しいかも。
 
 
 

 
 

| | TrackBack (0)

December 09, 2006

ホルガー・オジェック

FIFA技術委員として、日経スポーツ欄でも登場していたオジェックが当確だとか。
 
 
 
なんで、エンゲルスの昇格ではダメなのか よく分からないけど、FIFAクォリティの手腕を期待しているダス。
 
 
 
FIFAエレメンツをFIFAソリューションでFIFAコンバインすることで、レッズもFIFAコンフュージョンだぜ!(いや、それはイカン)
 
 
 
 
 
 
レッズフロントの一貫した姿勢が、監督選びにも現れたというところだろうか。
 
 
 
それは、「監督とはコワイ顔であるべきである」ということだ。
 
 
 
狙い通り、徐々にコワイ顔になってきている。
 
 
 
なるほど、それではクリンスマンは除外だ。
 
 
 
オジェックの次は、カーンか? ドゥンガか?
 
 
 
 
 
 
Guido

| | TrackBack (0)

December 07, 2006

手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve -

前々回のエントリー「機械式時計への誘い」では、自動巻きのエポス3336を取り上げた。
 
 
 
しっかりとした本物のスイスの粋(いき)が ちゃんと詰められていて、しかもリーズナブルなのが、eposのエライところだと思う。
 
 
 
 
 
 
で、今回は手巻き式を取り上げてみる。
 
 
 
なぜかというと、自分が次に欲しい時計が手巻き式だからである。(...ああ、やっぱり)
 
 
 
身も蓋もない理由はさておき...
 
 
 
自動巻き(オートマティック)は、腕の振りで勝手にゼンマイを巻いてくれるという点で便利だ。
 
 
 
が、そもそも不便なのが嫌なら 機械式の時計なんか使わねーというのが、時計好きな輩の複雑なところ(^^
 
 
 
イチイチ巻いてやらなければ息絶えてしまう手巻き時計は、その生命がオーナーに依存しているようで なんともいとおしいモノである。
 
 
 
 
 
 
そんな 愛すべき手巻き時計の中で、俄然 注目しているのはNOMOS (ノモス)。
日本の総代理店はこちらだけど、HPリニューアル中。
 
 
 
こちらは、ドイツのブランドである。
 
 
 
epos同様、良心的な価格で本物を提供しているNOMOSだが、何がスゴイってムーブメントまで自前で作ってしまっているのである。
 
 
 
ま、正確に言うとムーブメントの部品をゼロから作っているわけではないのだけど (そこらへんは、こちらなどの詳しいサイトに譲るとして(^^;、自社銘柄のムーブメントを持っているというのは素晴らしいことである。
 
 
 
ちと乱暴な例えだが、F1のフェラーリなどを想像して欲しい。
 
 
 
機械式時計に復興の兆しが見られるとはいえ、中身まで自前作るというのは並大抵のことではない...と思う。
 
 
 
 
 
 
NOMOSの魅力が語られているサイトは多いので、ググってみてくだされ。(手始めにイソザキ時計宝石店HPとか)
 
 
 
最近では、オリジナルのオートマティックも発表し、勢いのあるブランドだと思う。
 
 
 
 
 
 
そんな魅力的なNOMOSラインナップの中で、自分が一番欲しい1本は...Tangente Date-Power Reserve (Black indicator)
 
 
 
Nomos1
 
 
 
【タンジェントデイト・パワーリザーブ (ブラックインジケーター) :TN1D1W2BK】
ムーブメント:nomosδ、23石、ハック機能付、3気圧防水、パワーリザーブ約42H
 
 
 
線と面で構成された無駄のないデザイン。
 
 
 
あー、なんて美しいんだ!
 
 
 
ドイツのデザインは世界一ィィィィッ!!!!(なんか違う)
 
 
 
ラグ(ベルトの取り付け部の腕)溶接じゃなくって、削り出しなんだと。すげぇ。
 
 
 
手縫いのShell Cordovan(HORWEEN製)を使った革ベルト(ようするに「めっちゃ丈夫」)など、隅々までシビれる。 
 
 
 
スモールセコンド(小窓の秒針表示)部分の仕上げも美しいなぁ。
 
 
 
 
 
 
モデル名に入っている「デイト」っつーのは、そのまんま日付表示が付いているモデルのことダスね。
 
 
 
「パワーリザーブ」は、パワーリザーブ(ゼンマイの残り巻き上げ量)表示機能が付いているということ。
 
 
 
そして この「ブラックインジケーター」は日本限定のモデル。
 
 
 
一般販売の「レッドインジケーター」はゼンマイの巻き上げ残量が減ってくると、赤い部分が段々大きくなってくる。
 
 
 
反対に 「ブラックインジケーター」では、黒い部分は 最も巻き上げた状態で最大になる(らしい)。
 
 
 
「残りパワーが無くなってくると、表示も小さくなってくる」というブラックインジケーターモデルの方が、日本人の感覚に合っているようで 興味深い。
 
 
 
レッドインジケーターモデルは、「残りパワーが少なくなってくると、危険表示である赤が大きくなってくる」といったところか。
 
 
 
NOMOSのパワーリザーブ表示が、いかにユニークかはこちらのサイトを参照。
 
 
 
そして、更にスゴイのは「デイト」や「パワーリザーブ表示」の機能が足されているにもかかわらず、元となるモデル「タンジェント」と サイズがわずかしか変わらないというところである。
 
 
 
この薄さは驚異的。
 
 
 
いやー、天才エンジニアって現代にもいるもんですな(^^;
 
 
 
 
 
 
ちなみに、このモデルも 自分の大好きなシースルーバック
 
 
 
Nomos2
 
 
 
はぁぁぁぁぁぁぁっ。たまらん。
 
 
 
 
 
 
その他、書ききれない魅力が詰まっているNOMOS。
 
 
 
現在、購入に向けてジャーマンウォッチ積み立て基金を続行中。
 
 
 
買えるのは、いつになることやら...。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、日本のNOMOS販売店は、輸入総代理店の意向により販売価格を表示できないそうだ。
 
 
 
HPなどで記載されているのは定価なので、購入の際には問い合わせ必要。
 
 
 
モデルにもよるが、安心できそうな店(なんだそりゃ?)だと 大体2〜3割引が目安のようだ。
 
 
 
ちなみに上記モデルの定価は291,900円也
 
 
 
はぁぁぁぁぁぁぁっ。たまらん。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 05, 2006

ギド、ありがとう。

分かっていたことだけど、さみしい。
 
 
 
3年前、ギドが浦和に監督としてやってくると聞いたとき、「できすぎのストーリー」に喜んだものだ。
 
 
 
そんな「できすぎのストーリー」も最終話を迎え、そしてハッピーエンド。
 
 
 
これ以上、何を望むというのだ。
 
 
 
...ありがとう、ギド。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁ、元旦まで一緒に戦おう!
 
 
 

| | TrackBack (0)

機械式時計への誘(いざな)い:自動巻編 - epos 3336 -

自分は、腕時計は常にする人なのだが、こだわりはない。
 
 
 
仕事柄(現場のエンジニア) あちこちにぶつけたり、水をかぶったりと、時計には過酷な環境である。
 
 
 
そのため、ここ数年はG-SHOCK (The G) を愛用している。
 
 
 
電波時計とソーラー発電を兼ね備えた第1期のモデル。
 
 
 
ぶ厚いのだが、何といっても丈夫だし、機能も一通りそろっているし、とても気に入って使っている。
 
 
 
G-SHOCKが気兼ねしないで使えるのは素晴らしいのだが、全く別の物として 「趣味的な道具としての時計」も好きである。
 
 
 
 
 
 
自分の趣味であるバイクでもアウトドアでもそう。
 
 
 
道具を使って目的を達成するのは もちろん重要だが、道具自体も大事なのだ。
 
 
 
ツーリングに行けないときにバイクをいじったり、キャンプに行けないときにツールをいじっているだけでも楽しい。
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、ここ最近、機械式時計を物色していた。
 
 
 
「手巻き」とか、「自動巻き」とかのアレである。
 
 
 
 
 
 
歯車が組み合って、人知れず緻密に動きまくっているのを想像しただけで、ご飯が3杯は食べられる(嘘)
 
 
 
男子たるもの、必ずや「噛み合う歯車」に胸をときめかせるものなのだ。
 
 
 
そう、「今週のびっくりどっきりメカ」だって、機械式だったはずだ。
 
 
 
 
 
 
そんな中、機械式時計の物色は始まった。
 
 
 
まずは定番どころをチェック。
 
 
 
オメガ (OMEGA) とか?
 
 
 
確かにオメガは売れているだけあって、ハズレのないデザイン。
 
 
 
性能的にも、かなり高機能なものが多い。
 
 
 
値段も、同様の機能を持つ 他の「有名ブランド」と比べるとリーズナブルに見えてくるから、不思議だ。
 
 
 
 
 
 
ただ、時計が趣味ではない自分の場合、どうなんだろう?
 
 
 
高機能なら、クォーツでこなした方が安定している。
 
 
 
大抵のことなら、今のG-SHOCKでもできるのだ。
 
 
 
それに、機械式の時計では、安定した性能を得るために数年(2〜4年程度。オメガなどでは4
〜5年程度らしい。)
に1度行うオーバーホールもある。
 
 
 
オーバーホールを行わないで 機械式の時計を使い続ける人も多いらしいが、自分の場合、バイクでも 他の道具でもメンテナンスを欠かすことは許せないタチなのだ。
 
 
 
なぜなら、オーバーホールも一つの楽しみになっているからだ(^^; ありゃ?
 
 
 
 
 
 
ま、それはさておき、モノの価値の中には維持費も含まれていて、それは使い手を選ぶという考え方の人なのだ。
 
  
 
庶民ならではの「分相応の美学」とでもいえばいいだろうか。
 
 
 
ぶん‐そうおう【分相応】─サウオウ〘名・形動〙
その人の身分・地位・能力などにふさわしいこと。「─の生活[待遇]」

明鏡国語辞典 (C) Taishukan 2002-2006
  
 
 
ハイオクの費用を払えない人は ターボ車に乗るべきではないし、クリーニングが高くて困るような服は着るべきではないのだ。
 
 
 
だから、高級外車が砂利の駐車場に停まっていたり、高いバイクがメンテナンスされていなかったりすると、とても悲しくなるのだ。 
 
 
 
クロノグラフなどの高機能な時計は、当然オーバーホールにかかる費用も高い。(一般的には、特に故障がない場合で、5万円くらい。)
 
 
 
そして もちろん、有名なブランドは初期投資も高い。
 
 
 
そういう見方で言うと、高級な機械式時計は 自分にとって「分相応ではない」ということになる。
 
 
 
何よりも、まわりにオメガを持っている人間が多すぎる w
 
 
 
 
 
 
「高性能なら、初期投資が高くて当然」といわれそうだが、そうでもない。
 
 
 
一部のブランドや超高級モデルを覗いて、時計の中身であるムーブメントは汎用品を使っているのが大半なのだ。
 
 
 
もちろん、汎用品をそのまま使うばかりでなく、いろいろアレンジされていることが多いのだが。
 
 
 
「汎用品」と書くと安っぽい感じがするが、そんなことはない。
 
 
 
多くは、ちゃんとした専用メーカーが開発生産している、「一流の汎用品」である。
 
 
 
自動車のレースでいえば、エンジンサプライヤーがあって、レーシングチームは そこからエンジンの供給を受ける。
 
 
 
エンジン単品では走ることはできず、シャーシに積まれ、ミッションと組み合わされ、様々なチューニングやセッティングを経て レースをする、と いったところか。
 
 
 
そんなわけで 中身が一緒でも、外側のデザインや、装飾、付加機能、そして ブランドのネームバリューなどによって、時計の価格が一気に変わってしまうのである。
 
 
 
いわゆる「有名ブランド」に興味がない自分にとって、大事なのは 普段使う上での性能と、自分好みのデザイン、そして道具としての好奇心をそそるかどうか、だ。
 
 
 
滅多に使わない機能のために 初期投資をするつもりもなければ、維持費をかけるつもりもない。
 
 
 
 
 
 
そんな観点から物色して、今回行き着いたブランドはepos (エポス)である。
(日本代理店のHPはこちら
 
 
 
Epos_logo
 
 
 
比較的若いスイスのメーカーである。
 
 
 
こちら台湾の店頭では 見かけることはできないのだが、日本では「リーズナブルな正当派」として雑誌等で紹介されて久しいとか。
 
 
 
中でも、スケルトンモデルが充実しており、そして安価なのだ。
 
 
 
スケルトン...ああ、いい響きだ。
 
 
 
おそらく、歯車が動く姿を眺めているだけで ビール3杯は飲めるだろう。そればっか
 
 
 
 
 
 
選んだモデルは「Ref.3336」
 
 
 
Epos3336
 
 
 
自動巻なのに、厚さ約9mm...ナカナカ薄い
 
 
 
「ここ しばらく所有したことがなかった」という理由で、革ベルトのモデルを選んだ。
 
 
 
デザイン自体はちょっと前のモデルだが、スケルトンウォッチとしての魅力十分である。
 
 
 
 
 
 
ムーブメントはETA Cal.2892-A2
 
 
 
名だたる高級ブランドの時計でも使われているムーブメントである。
 
 
 
前述のオメガはもちろん、タグホイヤー、IWC、ラドー、ブルガリ、カルティエ...などなど...。
 
 
 
28800回転のムーブメントであることからも、「価格が高い高級品ではないが、性能はよい一品」 と言ってよいのではないだろうか?
 
 
 
それが、この値段(定価で10万ちょい)で手にはいるのだから、ずばらしい。
 
 
 
 
 
 
シースルーグラスバックで、前も後もスケスケである。
 
 
 
Epos3336_1
 
 
 
うー、たまらん w
 
  
 
裏側から見えるムーブメントの装飾も凄い。
 
 
 
3336ura
 
 
 
ローターにまで施された彫刻なんて、まるでF.S.S.のモーターヘッドのようだよ。
 
 
 
ほらほら、眺めているとミラージュナイトのカウンターウエイトまわりの装飾を彷彿させるでしょう?(←ちょっとオカシイ)
 
 
 
 
 
 
Ref.3262SL も迷ったのだが、文字盤の黒が引き締まっていて好みだったので、3666で決定。
 
 
 
また、手巻きのモデルRef.4305WH など)も、選択肢にあったのだが、風防がサファイアクリスタルではなかったのでパス。
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、今回の買い物は、物色を始めたときに考えていた予算の半分以下で済んだ (^^
 
 
 
これでいて、価格が一ケタ違う時計と 中身に大差がないってのが面白いところ。
 
 
 
 
 
 
次回帰国で受け取れる予定。
 
 
 
出会うのが楽しみ〜。
 
 
 
 
 
 
え?
 
 
 
また、実物を見ないで買いましたが何か?(さんざん語っておいてソレかよ!)
 
 
 

| | TrackBack (3)

December 04, 2006

浦和から離れて続くよ 独り優勝祝賀会

繰り返しになるが、自分のレッズへのサポートは、この夏以降 台湾から行っている。
 
 
 
当然、試合のために一時帰国したこともあったし、その度に仲間達と祝勝会で酔いしれた。
 
 
 
 
 
 
昨日は、NHKワールドプレミアムによる生中継で盛り上がったあと、ロケフリでスポーツニュースをチェックしながら、祝杯を挙げ続けた。
 
 
 
仲間達と、地元の居酒屋で乾杯できなかったのは残念だが、試合後の国際電話からも スタジアムにいる彼らの興奮は伝わってきたし、俺の感動も伝えられただろう。
 
 
 
羨ましいし、なんで俺は現地で見られないんだ?と、正直 思う。
 
 
 
それは やはり、俺の甲斐性が まだソコまで達していないのだろう。
 
 
 
過去、レッズが優勝しそうなときに、自らの「外連味(けれんみ)」が立ちはだかったように、
 
 
 
今の俺の生き方には、どこかに 良くない意味での外連味があるのだろう。
 
 
 
カッコつけてるつもりも無ければ、人の目も気にしているつもりも無いのだけれど。
 
 
 
でも、おそらく そうなのだ。
 
 
 
 
 
 
本気で戦っているプロスポーツの舞台から、人生の教訓を得ることは多い。
 
 
 
古代にコロッセオが栄えたのも よく分かる。
 
 
 
 
 
 
さて、一杯やりながら ロケフリ+PSXでテレ玉版の最終戦を観戦するよ。
 
 
 
主観が入った実況(上野氏)&解説(福田氏)がある分、テレ玉版の方がウルウルですわ。
 

 
 
 
 
で、最近気になっていたことを1つ。
 
 
 
共栄大学のCFは、早めに なんとかしたほうがいい。>テレ玉
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 03, 2006

REDS NAVI と 優勝特番

浦和から2,000km以上離れた南の島で、独りで祝杯をあげている。
 
 
 
俺も赤く染まった居酒屋で乾杯したかったー(T_T)
 
 
 
REDS NAVI の面々と飲んでいたよ。
 
 
 
Navi1
 
Navi2
 
Navi3
 
 
 
誰にも勧められていないのに、番組冒頭からいきなり飲み始める進藤氏(^^
 
 
 
レッズの勝利でいきなり飲み始める番組といえば、こんな番組もあったなー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
優勝を噛みしめて 一呼吸置いてから、スタジアム観戦した面々に国際電話。
 
 
 
「やったなー!おめでとう!ありがとう! それはさておき、明日のスポーツ新聞を一通り買っておいてくれ。次の帰国でもらうからよ〜!」
 
 
 
ぶちっ。
 
 
 
あれ?電話が切れちゃったよ。
 
 
 
ま、いっか。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
明日の新聞広告はコレかしらん?
 
 
 

 
 
 
おっと、コレは2年前のエントリーだったよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、続いて テレ玉の優勝特番。
 
 
 
Navi4_1
 
 
 
一番右に「職員室に呼ばれた ちょいワル系」がいるけど、この番組はなんだろう?
 
 
 
いつも通り、まわりから突っ込まれまくりだったけど。キャプテンw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、そこに、謎のブラジル人が乱入!
 
 
 
Navi5
 
 
 
テレ玉の警備を強行突破してきた 重戦車。
 
 
 
Navi6
 
 
 
すっかり、できあがっている。
 
 
 
Navi7
 
 
 
騒ぐだけ騒いで、数十秒で退散していった...w
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Wasi3
 
 
 
さ、宴は続くよ〜。
  

 
Wasi4
 
 
 
 

| | TrackBack (1)

December 02, 2006

ねぇ、

見えているかい?
 
 
 
ウーベ、レッズはチャンピオンになったよ。
 
 
 
チキ、レッズはチャンピオンになったよ。
 
 
 
マリッチ、レッズはチャンピオンになったよ。
 
 
 
レッズは優勝したんだよ。
 
 
 
ホントなんだよ。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
Champion
 
 
 
↑歓喜の印として、あなたのHPやブログにもご自由にどうぞ。

 
 
 

| | TrackBack (0)

新しい朝がきた 希望の朝だ

早朝のジョギングは、いつもと同じ。
 
 
 
"Nike+iPod"をお供にワークアウトする。
 
 
 
いつもの違うのはプレイリスト。
 
 
 
今日の楽曲は...
 
 
 
"A QUESTION OF HONOUR" (Sarah Brightman)

"(I Can't Help) Falling In Love With You" (UB40)

"Sailing" (Rod Stewart)
 
 
 
の、優勝祈願プレイリスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NHKワールドプレミアムも、奇跡の同一チーム2週連続放送
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁ、頼んだぞ!
 
 
 
現地組。
 
 
 
さぁ、行くぞ!
 
 
 
We are REDS!
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »