« ギド、ありがとう。 | Main | ホルガー・オジェック »

December 07, 2006

手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve -

前々回のエントリー「機械式時計への誘い」では、自動巻きのエポス3336を取り上げた。
 
 
 
しっかりとした本物のスイスの粋(いき)が ちゃんと詰められていて、しかもリーズナブルなのが、eposのエライところだと思う。
 
 
 
 
 
 
で、今回は手巻き式を取り上げてみる。
 
 
 
なぜかというと、自分が次に欲しい時計が手巻き式だからである。(...ああ、やっぱり)
 
 
 
身も蓋もない理由はさておき...
 
 
 
自動巻き(オートマティック)は、腕の振りで勝手にゼンマイを巻いてくれるという点で便利だ。
 
 
 
が、そもそも不便なのが嫌なら 機械式の時計なんか使わねーというのが、時計好きな輩の複雑なところ(^^
 
 
 
イチイチ巻いてやらなければ息絶えてしまう手巻き時計は、その生命がオーナーに依存しているようで なんともいとおしいモノである。
 
 
 
 
 
 
そんな 愛すべき手巻き時計の中で、俄然 注目しているのはNOMOS (ノモス)。
日本の総代理店はこちらだけど、HPリニューアル中。
 
 
 
こちらは、ドイツのブランドである。
 
 
 
epos同様、良心的な価格で本物を提供しているNOMOSだが、何がスゴイってムーブメントまで自前で作ってしまっているのである。
 
 
 
ま、正確に言うとムーブメントの部品をゼロから作っているわけではないのだけど (そこらへんは、こちらなどの詳しいサイトに譲るとして(^^;、自社銘柄のムーブメントを持っているというのは素晴らしいことである。
 
 
 
ちと乱暴な例えだが、F1のフェラーリなどを想像して欲しい。
 
 
 
機械式時計に復興の兆しが見られるとはいえ、中身まで自前作るというのは並大抵のことではない...と思う。
 
 
 
 
 
 
NOMOSの魅力が語られているサイトは多いので、ググってみてくだされ。(手始めにイソザキ時計宝石店HPとか)
 
 
 
最近では、オリジナルのオートマティックも発表し、勢いのあるブランドだと思う。
 
 
 
 
 
 
そんな魅力的なNOMOSラインナップの中で、自分が一番欲しい1本は...Tangente Date-Power Reserve (Black indicator)
 
 
 
Nomos1
 
 
 
【タンジェントデイト・パワーリザーブ (ブラックインジケーター) :TN1D1W2BK】
ムーブメント:nomosδ、23石、ハック機能付、3気圧防水、パワーリザーブ約42H
 
 
 
線と面で構成された無駄のないデザイン。
 
 
 
あー、なんて美しいんだ!
 
 
 
ドイツのデザインは世界一ィィィィッ!!!!(なんか違う)
 
 
 
ラグ(ベルトの取り付け部の腕)溶接じゃなくって、削り出しなんだと。すげぇ。
 
 
 
手縫いのShell Cordovan(HORWEEN製)を使った革ベルト(ようするに「めっちゃ丈夫」)など、隅々までシビれる。 
 
 
 
スモールセコンド(小窓の秒針表示)部分の仕上げも美しいなぁ。
 
 
 
 
 
 
モデル名に入っている「デイト」っつーのは、そのまんま日付表示が付いているモデルのことダスね。
 
 
 
「パワーリザーブ」は、パワーリザーブ(ゼンマイの残り巻き上げ量)表示機能が付いているということ。
 
 
 
そして この「ブラックインジケーター」は日本限定のモデル。
 
 
 
一般販売の「レッドインジケーター」はゼンマイの巻き上げ残量が減ってくると、赤い部分が段々大きくなってくる。
 
 
 
反対に 「ブラックインジケーター」では、黒い部分は 最も巻き上げた状態で最大になる(らしい)。
 
 
 
「残りパワーが無くなってくると、表示も小さくなってくる」というブラックインジケーターモデルの方が、日本人の感覚に合っているようで 興味深い。
 
 
 
レッドインジケーターモデルは、「残りパワーが少なくなってくると、危険表示である赤が大きくなってくる」といったところか。
 
 
 
NOMOSのパワーリザーブ表示が、いかにユニークかはこちらのサイトを参照。
 
 
 
そして、更にスゴイのは「デイト」や「パワーリザーブ表示」の機能が足されているにもかかわらず、元となるモデル「タンジェント」と サイズがわずかしか変わらないというところである。
 
 
 
この薄さは驚異的。
 
 
 
いやー、天才エンジニアって現代にもいるもんですな(^^;
 
 
 
 
 
 
ちなみに、このモデルも 自分の大好きなシースルーバック
 
 
 
Nomos2
 
 
 
はぁぁぁぁぁぁぁっ。たまらん。
 
 
 
 
 
 
その他、書ききれない魅力が詰まっているNOMOS。
 
 
 
現在、購入に向けてジャーマンウォッチ積み立て基金を続行中。
 
 
 
買えるのは、いつになることやら...。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、日本のNOMOS販売店は、輸入総代理店の意向により販売価格を表示できないそうだ。
 
 
 
HPなどで記載されているのは定価なので、購入の際には問い合わせ必要。
 
 
 
モデルにもよるが、安心できそうな店(なんだそりゃ?)だと 大体2〜3割引が目安のようだ。
 
 
 
ちなみに上記モデルの定価は291,900円也
 
 
 
はぁぁぁぁぁぁぁっ。たまらん。
 
 
 
 

|

« ギド、ありがとう。 | Main | ホルガー・オジェック »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/12971002

Listed below are links to weblogs that reference 手巻き式の誘惑 - NOMOS Tangente Date Power Reserve -:

« ギド、ありがとう。 | Main | ホルガー・オジェック »