« アンダーカレント | Main | vs鹿島戦 4-0 »

May 07, 2006

自由に至る旅

いろんな人に薦められるので読んでみた。
 
 
 

 
 
 
ロングツーリングに行こうと思っているがツーリング歴の浅い人、漠然と旅に憧れている人にはいいかもしれない。
 
 
 
サブタイトルに「オートバイの魅力・野宿の愉しみ」とあるが、バイクだけでなく、クルマや電車での旅をする人、また、野宿ではなくても長旅をしようとしている初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
旅がテーマなので、必然的に北海道も多く取り上げられている。よって、北海道初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いてあることは大したことじゃないけど、最近旅に出られていない人にとっては、旅に対するモチベーションを思い出すためにいいかもしれない。
 
 
 
例えば俺。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わざわざ「書いてあることは大したことじゃないけど」と書いたのは、ロングツーリングをするライダーや、バックパッカーにしてみれば極々当たり前のことが羅列されているから。
 
 
 
キャンプ場で強者を10人くらい集めれば、この本に書かれていることは集められる気がする。
 
 
 
だけど、貴重なのはこれを1人の経験としてまとめたこと。
 
 
 
それによって、一つ一つの出来事が1本の串に刺され、全体として1人の人間を生み出すための背景となっている。
 
 
 
ところどころ、ただの酔っぱらいの戯言が含まれているが、それはそれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「無目的。あるいは無意味。これが旅の真骨頂」のくだりに、大きく頷く。
 
 
 
目的を作った時点で、旅は旅でなくなる。
 
 
 
目的という名のノルマをこなすために、股下の内燃機関を爆発させ、必至に距離を稼ぐのを 旅とは言わない。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
「もういいじゃないか。オマエは十分に頑張った。」
 
 
 
...ああ、旅にいきたい。
 
 
 
 

|

« アンダーカレント | Main | vs鹿島戦 4-0 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/9929252

Listed below are links to weblogs that reference 自由に至る旅:

« アンダーカレント | Main | vs鹿島戦 4-0 »