« April 2006 | Main | June 2006 »

21 posts from May 2006

May 25, 2006

MacBookをちょっと使ってみて

キーの配置と「ことえり」に慣れていないのがちょっとナニだけど..........いや〜、ほんとに黒はカッコイイ。
 
 
 
さ、それはさておき、少し使ったので分かってきたことを書いてみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱ速い。
 
 
 
手頃なユニバーサルバイナリなアプリっていうと、やっぱりiLife群になっちゃうんだけど。
 
 
 
たんまり画像を抱いたiPhotoもサクッと立ち上がるし。
 
 
 
GarageBandもPBG4-12"だと5〜7トラック重ねたあたりで、挙動がカクカクしていたのが、全然余裕だし。
 
 
 
うんうん。もっと酷使したいぞ。
 
 
 
ま、酷使していると、ファンがいい音で回り始めたんだけど。それはそれ。正しい挙動。
 
 
 
 
 
 
 
 
あと、トラックパッドの2本指操作は便利!
 
 
 
(2本指でなぞるとスクロール、2本指でタップするとcontrol+クリックと同じ動き)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
移行して動かなかったソフトは...特にないかな。
 
 
 
あ、温度モニタしていたウィジェットがダメだったみたい。
 
 
 
そんくらい。
 
 
 
 
 
 
 
 
せっかく、画面がでかくなったのに なんだか慣れなくて、Safariは横幅を以前のままで使っている(^^;
 
 
 
ま、そのうち....。
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 24, 2006

出遅れ!MacBook黒インプレッション

珍しくストレートなタイトル。うむ。
 
 
 
今回購入したのは、MacBook 13inch 2GHz Black (MA472J/A)
 
AppleStore(オンライン)BTOでRAMを1GB、HDDを120GB化している。
 
...また、実物を見る前に、購入してしまった...。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↓インプレ前に、使用環境や使用者の説明をば↓
 
 
 
仕事ではWinを使っている。
Macintoshは家オンリー。
 
Mac歴:
 PowerMac7100/66AV
  →PowerBook2400/180c(後にG3化)
   →iMacG3-12"
    →PowerBookG4-12"/867MHz
 
その他、家族所有のマシンとして、
 iMac(Rev.B)
 iMac(FlatPanel)
 iBookG4-14"
など。
 
 
 
ネット、メール、お絵かき、キャプチャ、画像処理...などを日常的に使い回す程度。
 
 
よく使うソフト:
 Safari、Mail、iTunes (with iPod)、iPhoto、iMovie HD、GarageBand、LiFE with Photocinema、ID for WebLiFE、GoLive、GraphicConverter...etc...。
 
 
 
Macに求めるもの:
 メインマシンとして使える小さめのノート。
 家の中では使用位置を固定しない。
 自分の部屋の机、リビングのテーブル、布団で寝ながら...等々。
 使いたいときに、使いたい場所で、フルスペックを所望。
 タイピングに困らない程度のキーの大きさと、軽くグラフィックが扱える程度の画面サイズと、移動するのに億劫にならない小ささ。
 もちろん家の中はAirMac環境だが、ベースステーションがExtreme化されていないのが悩み。
 日常的に外に持ち歩くことはないが、出張時には海外を含め同伴。
 そのため、絶対的な大きさ、重さ、厚さなどにはそれほどうるさくない。
 また、長時間バッテリー駆動で使うことも少ないため、バッテリースペックもあまり気にしない。
 しばしば話題になる放熱問題も、かつて所有したマシンに比べれば、大したこと無いと思っている。
 なによりも、そういうのに目くじらをたてる人間にはApple製品は向いていないだろう。(精神衛生上も)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、それではインプレ ごぅ。
 
 
 
〜見た目〜
マット仕上げの外装に惚れた。
しっかし、指紋・手のアブラがよく目立つな〜。
これがッ!これがッ!!バオー・メルテッディン・パルム・フェノメノンだッッッッッ!!!(違う)
 
Baoh_1
 
ホコリが目立つ、目立つ。
フラッシュで撮影すると、ホコリが浮き上がってくる(^^;
ま、気にするのは最初のうちだけだろうけど。
でも、ホコリ取りが欲しい。
 
ショップで、大勢にボロボロに触られてアブラまみれになった黒をみていたら、買わなかったかもしれない。
新品の"Kro"のマット感は、白との価格差を埋めるに余りある魅力を含んでいる。
 
キーボードの"パッと見"の印象が、22年前、俺が生まれた初めて手に入れたパソコン「カシオ PV-7」(MSX)を彷彿させる。(全然違うんだけどね)
 
Pv7
 
1984年10月発売。発売と同時に買った記憶が...。ベーマガ片手の幼少期←オッサン
あまりに古すぎて、歴史が3周くらい回っていて、かえって新しく見える。
 
毎度おなじみ須山歯研では、白と黒のキーボードの仕上がり状況の違いがレポートされていたが、JIS/USの違いなのか どうか、というところが気になるところ。
並べて比べていないので分からないけど、...黒はJISでもシャープだと思うんだが。
つまるところ、「わはは、黒はスペシャルだからだよ」【ITmedia】ということになる。
 
現況MB-Proと同じく、はじめて採用されたツルピカ液晶。
「映り込みが気になる」との話があったが...全然大丈夫。
俺の家が暗いのか?(^^;
 
 
 
〜重さ〜
PBG4-12"と比べても、あんまり変わらない気がする。
両方同時に持てば分かるくらい。
 
 
 
〜大きさ〜
ジャストサイズ。
黒くて引き締まって見えるせいか、奥行き方向はPBG4-12"と変わらない印象(並べると違うけど)
ふたを閉じて、手にすると薄さが際だつ。 
 
 
 
〜操作性〜
キーボードのストロークが浅いワケじゃないんだろうけど、ちょっとフニャフニャ感があるかな。
ま、慣れるだろう。
 
 
 
〜熱さ〜
熱いけど、こんなもんじゃない?
PB2400(しかもG3化)の時は 机が溶けるんじゃないかと思ったけど、これならコゲる程度だろう
 
 
 
〜静寂性〜
「チーチーモーモー」うるさいと言われているらしいが、大げさに取り上げるほどでは無いと思う。
もちろん、ファンやらHDDの音はするけど、こんなもんじゃない?
 
 
 
〜価格〜
白と比べちゃうと、黒は「ちと高い」と感じる人も当然いるだろう。
ただし所有欲を見事に満たしてくれたので合格。
 
 
 
 
 
 
 
 
使用感は、もうちょっと使ってみてからレポート。
 
 
 
不具合もあるかもしれないしね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今、MBをセットアップしながら、PBでコレを書いている。
 
 
 
セットアップ中でMBのコンセントを抜けない状態だっつーのに、雷が鳴り始めた。
 
 
 
頼む。
 
 
 
今だけは、勘弁してくれ〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、アップルストア(オンライン)で注文すると、福山通運で配達される。
 
アップルストアのHPでは、アップルの配送センターから出荷されるところまでしか追跡できない。
 
福山通運のHPで、荷物番号が分からなくても配達先電話番号で追跡できる。
 
ただし、HPでの事前登録(電話による本人確認作業あり)が必要。
 
電話による本人確認作業は月〜土(祝日を除く)の9:00〜17:00なので、気になる人は先に登録。
 
また、届け先の電話番号が携帯電話の番号になっている場合は追跡できない、とのことなので注意。
 
でも、ステータスの反映がリアルタイムじゃ無いような気もする。
 
 
  
Fukuyama
 
 
 
 
 

| | TrackBack (1)

May 22, 2006

俺のMacBook"Kro"は 小笠原沖を北上中

前の前のエントリーで書いた「〜懸案だったり、やってみたかったりする事項〜」のウチの一つが、早くも解決の様相。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ATOK2006 for Mac発売決定!
 
 
 
7/14発売! 2ヶ月も待てっつーのか?! 待つよ!!
 
 
 
...上記HPにて、人名変換の例が、よりによって「ひろあき」なのはなぜか?
 
 
 
多分、電子辞書セット買う。
 
 
 
前回、半分冗談のつもりで電子辞書セットを買ったら、思いのほか、使用頻度が高かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、最後の方に書いた懸案事項、「カネがない」も ほぼ解決。
 
 
 
グリーンジャンボ購入!
 
 
 
次の課題は、グリーンジャンボの払戻日(6/19)までをどうやって食いつなぐか、だな。
 
 
 
完璧。
 
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 21, 2006

ナビスコ杯 vs横浜FM

テレ玉観戦。
 
 
 
解説 上野晃氏が、序盤に細貝のことを「いそがい」と言い間違えそうになったのが一番の見どころ。
 
 
 
というのは、さておき。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハットトリックのワシントンもさることながら、相馬がすばらしかった
 
 
 
Soma
 
 
 
移籍後初ゴールはもちろんのこと、注目したのはペナルティーエリアに持ち込んだ際に、相手に倒されたシーン。
 
 
 
最近の試合(レッズに限らず)では、あそこで倒れて 審判にPKをアピール、もしくは アピールまではしなくても「どうかな?」と審判の判断を見るのがほとんどではないだろうか?
 
 
 
しかし!ほとんど倒れていても さらに踏ん張ってボールを追い、身体を張って突き進んでゆく相馬。
 
 
 
結局決定的なチャンスにはつながらなかったこのプレーだが、テレビ観戦でも激しく感動した。
 
 
 
こういう「がむしゃらさ」というか「泥臭さ」というか、その姿勢がすばらしい。
 
 
 
スタジアムでも相馬コールが起こっていたが、現地で見ていたら、もっと感動していたことだろう。
 
 
 
帰ってきた三都主が、居場所なくて困るくらい 輝いてほしい!
 
 
 
 

| | TrackBack (1)

インテルの足音が聞こえる(MacBookがやってくる)

Appleから出荷メールが来た。
 
 
 
 
 
 
 
 
5/18深夜、注文時のWEB画面では「5〜7日で出荷」となっていた。
 
 
 
それが、注文後の確認メールでは「出荷予定日:5/29、お届け予定日:6/2までに」となっていた。
 
 
 
「BTOもつけたし しょーがないかー」と思っていたところ、さっき 出荷メールが届いた。
 
  
 
「出荷日:5/21、お届け予定日:5/25 までに」...って、実質3日間で出荷してるじゃん!
 
 
 
この野郎! 騙しやがって!! えらいぞ!!!
 
 
 
 
 
 
  
 
MacBook 13inch 2GHz Black (MA472J/A)
 Intel Core Duo 2GHz
 RAM:512MB PC2-5300(667MHz)DDR2 SDRAM
   → 1GB PC2-5300(667MHz)DDR2 SDRAM
 HDD:80GBシリアルATA 5400rpm
   → 120GBシリアルATA 5400rpm
 ディスプレイ:13.3"
 
 
 
 
 
 
 
〜懸案だったり、やってみたかったりする事項〜
  
・ATOKがIntel Mac未対応なので、しばらくは「ことえり」生活?
 辞書の移行はどうだったっけ?(記憶 遙か彼方)
 
・HP製作ソフトを調達しなくては。
 PBG4-12"で使っているGoLive(6.0.1)がとうとう起動しなくなった。
 しかも、俺だけでなくあちこちで発生しているらしい。
 起動時にネット経由で参照している何かがマズイらしい(よく分からん)
 GoLive CS2はユニバーサルバイナリじゃないし...。
 玉砕覚悟で、5/26発売のfreeway4にするか?!
 悩む。
 俺の中で、一番使いやすかったのは「HomePagePro」(クラリス?)だった。
 ...永遠の初心者。
 
・家から持ち出すときのソフトケースは、今までのが使え....ないだろうなぁ。
 カッコイイの探そうっと。
 
・Win起動は全く考えていなかった。
 が、コレ見たら いろんな欲求がムラムラと...(^^;
 
・移行が完全に終わったら、PBG4-12"&旧ソフト諸々はいつも通りオークション...か?(以前PB2400でがっぽり)
 それともAppleで下取りか?(以前iMacでがっぽり)
 それとも知人に譲るか?(以前iBookでしっぽり)
 
・すっかり忘れていたけど、カネがない。
 棒茄子〜、カムヒアー!
 
・もちろん実機はまだ見たことがない。
 てへっ。
 
 
 

| | TrackBack (1)

May 20, 2006

物欲の底

ふらりと仕事帰り、10ヶ月ぶりくらいにライコランドに行ってみた。
 
 
 
店内をぐるり一周。
 
 
 
なんということだ。
 
 
 
「何かが欲しい」という欲求が出てこない。
 
 
 
確かに、「すごく欲しいモノ」は大体手に入れている。
 
 
 
しかし、「すこし欲しいモノ」が色々あるはずなのに、レーダーに全然ひっかからない。
 
 
 
イロイロと励起状態にするためには、まずは走らないとな。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

不思議なひとびと

俺が無警戒だからか、はたまた狙われているからか、様々な「不思議なひとびと」に出会う。
 
 
 
今日 会った「不思議なひと」も、なかなか強烈であった。
 
 
 
ツッコミどころ満載な一部始終を掲載。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クルマを運転して1人で移動中の出来事。
 
 
 
赤信号のため、小さな交差点の先頭で停止していると、助手席の窓をコツコツと叩く音がする。
 
 
 
見るとリュック姿の青年。
 
 
 
道でも聞きたいのかと、窓をちょっと開ける。
 
 
 
兄ちゃん「すみません。どちらに向かいます?」
 
 
 
俺「?...え?...この街道をこのまま北上しますけど。」
 
 
 
兄ちゃん「ヒッチハイクしているんですけど、北に向かうようなら乗せてもらえませんか?」
 
 
 
自分も流浪の旅をするタチなので、こういうシチュエーションには寛容な方だ。
 
 
 
助手席にある荷物を後部座席に放り投げる。
 
 
 
俺「いいよ。乗りなよ。」
 
 
 
お礼を言う兄ちゃん(推定年齢20歳)に、運転しながら質問する。
 
 
 
俺「どこに向かっているの?」
 
 
 
兄ちゃん「苫小牧なんです」
 
 
 
俺「へー!北海道まで。大変だねぇ。行くの?帰るの?」
 
 
 
兄ちゃん「帰るんです。...実は、新幹線を使って静岡の友だちのトコロに遊びに来たんですけど、街で全財産をすられてしまって...。」
 
 
 
俺「え?それでヒッチハイク?じゃあ、ヒッチハイクしたくて旅をしているんじゃないの?」
 
 
 
兄ちゃん「ええ。お金が無いので 仕方なく。」
 
 
 
俺「...友だちに借りればいいじゃん。」
 
 
 
兄ちゃん「給料日前だっていうんで、借りるどころか追い出されてしまって...。」
 
 
 
俺「ずいぶんなヤツだな。...っつーか、それって本当に友達か?」
 
 
 
兄ちゃん「関東には他にも知り合いがいなくて、しょうがなくヒッチハイクで帰ろうと。」
 
 
 
俺「え?!カネがないと選択肢はヒッチハイクになっちゃうの?」
 
 
 
兄ちゃん「え?!ヒッチハイクか歩くかの どちらかしかないですよね?」
 
 
 
俺「...。じゃあ、ずっと北までヒッチハイクできたとして、津軽海峡はどうするの?船?電車?」
 
 
 
兄ちゃん「あ...。お金かかりますねぇ。」
 
 
 
俺「泳げば?」
 
 
 
兄ちゃん「ひょっとして、おもしろがってます?」
 
 
 
俺「うん。スリにあったのと、非情な友だちってところまでは可哀想だけど、その後の判断はなかなか笑えると思う。」
 
 
 
兄ちゃん「...。こんなの初めてで、なんだかテンパっちゃって...。静岡から4日もかけてココまで来たんですど。」
 
 
 
俺「え!4日かけてまだココなの?学生だよね。学校とかは?それとも、自分探しの旅?」
 
 
 
兄ちゃん「違いますよ。学校もあるから早く帰らないといけないんです。」
 
 
 
俺「...ヒッチハイクは時間かかると思うけど...。徒歩の次くらいに。」
 
 
 
兄ちゃん「...でも...」
 
 
 
俺「いいか?考えてもみろ。静岡からココまでは200〜300kmくらいだぞ。ココから青森まで700〜800kmはあるぞ。そのペースだとあと何日かかるんだよ。」
 
 
 
兄ちゃん「え?!もう半分くらい来た気になっていたんですけど。土地勘が無いもので。」
 
 
 
俺「コンビニかどこかで、地図見りゃわかるだろう。そうこうしているウチに、薄情な友だちにも給料日がくるんじゃないのか?(笑)」
 
 
 
兄ちゃん「いや、それは...。それに、身分証明も無くなって、カネを借りることもできなくて...。」
 
 
 
俺「安易にそういうところから借金しない方がいいと思うよ。」
 
 
 
兄ちゃん「安易ですか?他に方法がないんですよ。」
 
 
 
俺「うん。安易だね。...例えば...実家はどこ?」
 
 
 
兄ちゃん「小樽です。」
 
 
 
俺「じゃあ、実家に連絡して、カネを送ってもらえばよかったんじゃないの?」
 
 
 
兄ちゃん「キャッシュカードも すられてしまって...。」
 
 
 
俺「そうじゃなくて、現金書留で速達とか。」
 
 
 
兄ちゃん「!...そんな方法もあったんですね...。
 
 
 
俺「な、安易だろ。」(...こいつホンモノだ...)
 
 
 
兄ちゃん「...でも。うち、母子家庭で、親にも迷惑かけたくないし。」
 
 
 
俺「じゃあ、迷惑かけられる友だちは?倍返しするからって、借りれば?」
 
 
 
兄ちゃん「...。」
 
 
 
俺「まぁ、いいや。とりあえず、俺も東北道に近づく方向に行く予定だったからそっちには行くけど、高速には乗れないからね。」
 
 
 
兄ちゃん「え?!さっきいたところの高速じゃないんですか?」
 
 
 
俺「...あれ関越道だよ。新潟に行くヤツ。」
 
 
 
兄ちゃん「...あぶなかった...。」
 
 
 
俺「...あぶなかったね。東北道のインターの近くの駐車場の広いコンビニとかで降ろすよ?」
 
 
 
兄ちゃん「?」
 
 
 
俺「あのねぇ。さっきみたいに、交差点でヒッチハイクなんかしているから、4日で200kmしか進めないんだよ、キミは。もう少し頭使いなさい。駐車場の広い所に行けば、長距離走るクルマも集まっている可能性が高いから、そこで北上のチャンスを探った方がいいんじゃないの?」
 
 
 
兄ちゃん「...はぁ。でも、どのクルマが北上するか分かりません。」
 
 
 
俺「とりあえず、ナンバー見るのが手っ取り早いんじゃないの?」
 
 
 
兄ちゃん「でも、関東のナンバーなんてしりません。」
 
 
 
俺「ち・が・う・だ・ろ!キミのよく知っている北側のナンバーでいいんだよ。宮城とか青森とか秋田とか、そっちのナンバーを見つけたら儲けもんだろうが!」
 
 
 
兄ちゃん「...なるほど。その手があったか。」
 
 
 
そうこうしているウチに目的のコンビニに着く。
 
 
 
俺「ほら、大型トラックもいっぱいあるだろ。普通車とかの中にも長距離移動する人もいるかもしれないから、そういうところであたってみたら?」
 
 
 
兄ちゃん「わかりました!」
 
 
 
これで、何か食べたら?と 幾ばくかの金を渡し、兄ちゃんを降ろして、コンビニの駐車場をあとにする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、今日もいつも通りの平凡な日。
 
 
 
一つ心配なのは、あの兄ちゃんなら、渡した金を そのコンビニで使い果たしてしまうのではないか、ということ。
 
 
 
ま、世の中、早めに淘汰された方がいいことも いっぱいあるからな。
 
 
 
  

| | TrackBack (0)

May 19, 2006

僕らはいつまでもCometの幻を追い続ける。

以前、灼熱のPowerBookG5 12"が出たら、50万円までなら買う!と、宣言していたのでしょうがない。
 
 
 
発売早々に、まだ実物を見たこともないMacBookを注文する。
 
 
 
もちろん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「色が黒いってだけで、白よりも1万以上高い」?
 
 
 
「特殊加工のつや消し黒には、手のアブラが残って目立つ」?
 
 
 
そんなつまらんコトで悩むヤツは、買わんでよろしいッ!(←何様?)
 
 
 
【ITmedia】「黒いのは高いだって? それはスペシャルだからさ」参照。
 
 
 
 
 
 
 
....しかし、つや消し黒ってのは、一様に傷が目立つのだよ...。(何を今さら)

 
 
 
(ま、Appleのことなので、黒の売れ行きが良かったら、次のモデルチェンジであっさり値下げする可能性は高いけど)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CARPENTERSの"Close To You"のCMに誘われて、なけなしのカネでPowerMacintosh7100/66AVを買ってしまった俺。
 
 
 
Macの面白さにハマり始めた頃、まさに彗星のごとく現れたPowerBook2400/180c、Comet。
 
 
 
コンパクトなのに、全てができる!
 
 
 
デスクトップマシンと同じことが、膝の上でできる!
 
 
 
...火傷するほど熱いことを除けば。
 
 
 
使い続けてCPUが焼け落ちたあとも、G3に載せ替えて 更に酷使し続けた。
 
 
 
 
 
 
  
 

いよいよ調子が悪くなってきた頃、Appleのラインアップには、Cometの後継機は無かった。
 
 
 
やむを得ずiBook(G3)に乗り換える。
 
 
 
Cometより速い。液晶も綺麗。熱くない。
 
 
 
...だけど、カッコ良くない。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
だから、PowerBookG4-12inchが出たときには、無条件で飛びついた。
 
 
 
コレだよ!コレ!
 
 
 
膝の上で全てができる!!
 
 
 
そして、溶けるほどの発熱!!!(←なんか違う)
 
 
 
HDDもRAMもゴージャスにして、使い続けた。
 
 
 
 
  

 
 
 
 
さ、「MacBookKro」は、「MacBookPro13inch」と成り得るか?(外部モニタ出力を除く (^^; )
 
 
 
 
 
 
 
 
HDDを120GB、RAMを1GBにしたおかげで、アップルストア(オンライン)では納期が2週間ほどかかってしまったが、まぁ、それでもいい。
 
 
 
それまで、実物を見ないようにして過ごそうっと。
 
 
 
今までの経験で言うと、初対面で度肝を抜かれるくらいが、ちょうどいい出会い方だ。
 
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 18, 2006

ソフトバンクモバイル....

....ださ。
 
 
 
ユニの胸にデカデカと掲げられちゃうのだろうか?
 
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 17, 2006

ぽち

出ちゃったよ。ちびぶっく。
 
 
 
ただし、MacBookProじゃなかったのが残念。
 
 
 
モアぱぅわー!
 
 
 
_1
 
 
 
...じゃ、黒で。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 16, 2006

長めにみても 週末までがネタのリミットなので エンジョイしよう!

ものまね


| | TrackBack (0)

May 15, 2006

ジーコ滑舌改善計画

代表選出の総括はコチラ【Vida Del Football】(相馬選手のブログ)と、コチラ【J's GOAL】(オシム監督のコメント)を観て頂くとして...。
 
 
 
 
 
 
 
仕事中に NACK5の生中継を聞いていたのだが、「遠藤」が聞き取れず職場は大騒ぎに。
 
 
 
「...今、なんて言った?」
 
 
 
『ぃゃんどぅ〜』って言ったぞ!」
 
 
 
「...え?...誰だ?」
 
 
 
「...あんどう?」
 
 
 
「...って、安藤梢?!
 
 
 
Ando_2
 
 
 
「ををーッッ!!サプライズゥゥゥゥッッッ!!!」
 
 
 
「レッズからは4人か〜。頑張れーっ!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはさておき、
 
 
 
...大丈夫。
 
 
 
がんばれ!
 
   
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有名な話だけど、「滑舌(かつぜつ)」ってのは新語なので、古い国語辞書には載っていないダス。
 
 
 
あなたの学生時代の辞書に載っているかどうかで、世代がばれるので注意。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 14, 2006

慣れない土日に休むと、こういうことが起こる。

悪天候の週末。
 
 
 
いまいち リフレッシュできなかったけど、明日から また仕事だ。
 
 
 
そんな俺を襲う、日曜夜の脱力の出来事。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
...サンルーフあいてるよ...orz
 
 
 
あー、そういえば、金曜の夜はクルマのサンルーフ全開で帰宅した記憶が。
 
 
 
開けていたのは2枚あるサンルーフのうち チルトルーフだけで、スライド側は開けていなかったのが不幸中の幸いか。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
で、被害状況確認。
 
 
 
...あれ?全然濡れていない。
 
 
 
よかった。よかった。
 
 
 
ま、今日の昼に乾いただけだと思うけどな。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 13, 2006

よしう ふくしう

フトコロ寂しく、悪天候な週末。
 
 
 
こんな日は、浦和レッズマガジンを眺めながら、今夜の予習を兼ねて録画チェック。
 
 
 
ま、ブルガリア戦は観てもしょうがないので、鹿島戦を観たんだけどね。
 
 
 
いやーん。シンジかっこえぇー。
 
 
 
さ、酒の肴でも用意するかな。
 
 
 

| | TrackBack (1)

May 08, 2006

エルゴラを見ながら日経スポーツ欄を見るのが通。

月曜発売のエルゴラに、日曜開催の盛り上がった試合がトップで扱われるのはしょうがない。
 
 
 
「浦和”追撃”ターン!」
Eg_2
 
 
 
ま、買ったんだけどさ。
 
 
 
 
 
 
 
それよりやっぱり日経スポーツ欄ダス。
 
 
 
この一戦をもって二人(不埒注:小野と小笠原)を比較するのはフェアではないが、小野が日本代表のペンチを温めるのなら......。小野擁する浦和とジーコジャパンとどちらが強いのか、一度試して欲しくなる。
 
 
 
ニヤリ。
 
 
 

| | TrackBack (0)

vs鹿島戦 4-0

なんて気持ちのいい祝勝会!
 
 
 
今日が土曜日なら間違いなくオールだけど、そこはそれ。
 
 
 
未成年の僕たち♪にとっては明日は普通の月曜日。えぇ、平日だとも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たとえば、東川口の居酒屋。
 
 
 
便所で隣に並んだ見知らぬサポに
 
 
 
「いや〜、4-0だと便所もきもちいいっすね」と語りかければ、
 
 
 
「しかも、鹿ですもんね〜」との相づち。
 
 
 
そのうえ、
 
 
 
「お兄さんも、そのユニを着てるからには苦い目にあってきたんでしょ?」と返される。
 
 
 
俺のレプリカは、今ではほとんど見ない"ブリリアント ダイヤモンド"なので、そんなコメントをかけたのであろう。
 
 
 
「....ええ。」(ちょっと涙ぐむ)
 
 
 
「なぁに、鹿に勝ったんだから明日も日曜日でしょう!」
 
 
 
「そぉっすよ!今週はずっと日曜日ッす!!」と俺。
 
 
 
...そうだよ。
 
 
 
これが、ホームタウンでの祝勝会だよ。
 
 
 
あたりまえだけど。
 
 

 
 
 
 
 
 
さて、そんな中で開催された「第1回ヘタレ応援シューズ アジアチャンピオンズリーグ」決勝。
 
 
 
はいはい。ついてこれない人はドンドンおいていくよー
 
 
 
ひろしvs不埒!!!
 
 
 
優勝の行方は...?!
 
 
  
踏むなよ
 
 
 
 
 
 
 
 
....大会規定により、引き分けだったらしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おまえが買ったばかりのシューズを自慢しに来ると思ったから、俺も一番自慢できるやつを履いてきた。」
 
 
 
わかってるじゃねーか。このやろ。
 
 
 

| | TrackBack (1)

May 07, 2006

自由に至る旅

いろんな人に薦められるので読んでみた。
 
 
 

 
 
 
ロングツーリングに行こうと思っているがツーリング歴の浅い人、漠然と旅に憧れている人にはいいかもしれない。
 
 
 
サブタイトルに「オートバイの魅力・野宿の愉しみ」とあるが、バイクだけでなく、クルマや電車での旅をする人、また、野宿ではなくても長旅をしようとしている初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
旅がテーマなので、必然的に北海道も多く取り上げられている。よって、北海道初心者にもいいかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いてあることは大したことじゃないけど、最近旅に出られていない人にとっては、旅に対するモチベーションを思い出すためにいいかもしれない。
 
 
 
例えば俺。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わざわざ「書いてあることは大したことじゃないけど」と書いたのは、ロングツーリングをするライダーや、バックパッカーにしてみれば極々当たり前のことが羅列されているから。
 
 
 
キャンプ場で強者を10人くらい集めれば、この本に書かれていることは集められる気がする。
 
 
 
だけど、貴重なのはこれを1人の経験としてまとめたこと。
 
 
 
それによって、一つ一つの出来事が1本の串に刺され、全体として1人の人間を生み出すための背景となっている。
 
 
 
ところどころ、ただの酔っぱらいの戯言が含まれているが、それはそれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「無目的。あるいは無意味。これが旅の真骨頂」のくだりに、大きく頷く。
 
 
 
目的を作った時点で、旅は旅でなくなる。
 
 
 
目的という名のノルマをこなすために、股下の内燃機関を爆発させ、必至に距離を稼ぐのを 旅とは言わない。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
「もういいじゃないか。オマエは十分に頑張った。」
 
 
 
...ああ、旅にいきたい。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 06, 2006

アンダーカレント


 
 
 
連載時もリアルタイムで読んでいたけど、単行本としてまとめて読むと...たまらない読後感。
 
 
 
無駄な登場人物がいない。
 
 
 
無駄なセリフがない。
 
 
 
流れも、絵柄も地味ながら、しっかりと読ませてくる。
 
 
 
かといって、イタズラに話を分かりにくくするような素振りもなく。
 
 
 
 
 
 
 
今、あまり幸せじゃない人 向け。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 05, 2006

晩酌を旨くするために→脱線

最近、酒が美味しくない。
 
 
 
身体を動かしていないからだ。たぶん。
 
 
 
よし。恒常的に運動するぞぅ。
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日とまでは いかなくても、週に数度の運動をせざるを得ない状況を作ろう。うん。
 
 
 
トレーニングシューズを玄関に置いておき、視界に入ってくれば、否が応でもそいつを履いて身体を動かすだろう。うん。うん。
 
 
 
つまり、必要なのは 激しく視覚に訴える「派手なトレーニングシューズ」だな。うん。うん。うん。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、近所にできた靴屋にて物色。
 
 
 
デザインに赤が含まれていると、派手でいいよな。
 
 
 
お、コレなんかいいな。
 
 
 
黒ヒモを、赤黒のリバーシブルにすれば、更に派手になるな。
 
 
 
よし!コレくださーい!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Shoe
 
 
 
 . . . . あ れ ? 
 
 
 
これじゃあ、ただのレッズ戦観戦用のシューズじゃないか...(正解!)
 
 
 
そこまで言われちゃ、しょうがない。
 
 
 
日曜の鹿島戦は、このシューズを履いて参戦だ!(予定調和)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P.S. 早速、シューズの慣らしがてら 近所を小一時間ジョギングしてきた。...心肺にダメージを受けて 晩酌どころじゃなかったYO!
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 03, 2006

ギドの試合後のぼやきを「J's GOAL」はいつも載せてくれない

休日出勤後の唯一の楽しみである追っかけ再生。
 
 
 
そんなジェフ戦。
 
 
 
やっぱりオシムは強かった。
 
 
 
「言ってみれば、浦和の敵は浦和だということです。」【J's GOAL】オシム監督(千葉)記者会見コメント
 
 
 
ちくしょー!おぼえてろー!!(うわーん)
 
 
 
こうなったら、高齢を理由にジーコの後任を拒否し続けるオシム氏の脳に寄生虫バオーを埋め込んで、「イビチャ来訪者」として戦わせてやるッッ!!(ちょっと疲れ気味の様子>自分)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P.S. ギドのぼやきの後半は公式HPへゴゥ!
 
 
 
 

| | TrackBack (1)

May 01, 2006

vs大宮戦をテレ玉中継で復習してみた

「土屋に対してこのブーイングは、彼をおそれているというところもあってね。ええ。いいことですね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
え〜〜〜〜〜っ?!!!!
 
 
 

| | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »