« オールスターにはスターが出るべきだ | Main | この騒ぎの中で、一番端的な記事 »

April 11, 2006

後釜

ギドのあとのコト
 
 
 
犬飼社長の次のコト
 
 
 
そして、レッズの今後のコト
 
 
 
この3点セットで、4次会までいけるね。
 
 
 

|

« オールスターにはスターが出るべきだ | Main | この騒ぎの中で、一番端的な記事 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31581/9541537

Listed below are links to weblogs that reference 後釜:

» 次期チェアマンレース、ヤリ手・犬飼“レッズ”ゴー [関東佐藤組]
 ポストジーコの人選とともに、水面下で進行するのが、次期Jリーグチェアマンレースだ。  最有力候補はやり手として知られる、浦和社長・犬飼基昭氏(63)。夕刊フジの取材に犬飼氏は、「決めていない」としながらも、「(社長として)4年間ずっと走り続けてきた。長くやるものではない」と、浦和社長の勇退を示唆。チェアマンの座に意欲を示した。  ドイツW杯後の日本代表は、世代交代が避けて通れない。代表強化とJクラブの共存実現の道を探る、次期チェアマンの手腕が、日本サッカー界を左右すると言っても過言ではない。 ... [Read More]

Tracked on April 16, 2006 at 18:30

« オールスターにはスターが出るべきだ | Main | この騒ぎの中で、一番端的な記事 »